#887 Swing MASA 爆音JAZZ

閲覧回数 4,198 回

2016年4月3日(日) 山谷労働者福祉会館

Report and photos by 齊藤聡 Akira Saito

Swing MASA (alto sax)

山谷(東京都台東区)は日雇い労働者の街である。ここで野宿者・失業者を支援する山谷労働者福祉会館において、大阪やニューヨークで活動するサックス奏者・Swing MASAのソロライヴが行われた。

会館の2階には、サポートに使うのであろう布団が積み上げられており、彼女は、その前でアルトサックスを吹いた。リハーサル時には軽く吹いていたMASAだが、本番になるとアルトの強度が突然増した。ときには足踏みをしながらアルト1本で、ときには打ち込みの音を操作してもらいながら。人好きのする彼女のトークと、渾身の演奏とに、誰もが惹かれてしまったに違いない。

語るところによれば、ニューヨークでジャズ修行をしていてサックス奏者リッキー・フォードに師事し、フォードがバンドに入っていたマル・ウォルドロンとも接し、またベース奏者レジー・ワークマンの勧めでニューヨークのニュー・スクールに入ったりもしている。

MASAの原動力には社会矛盾に対する憤りがある。労働者の抑圧への反発に加え、死刑廃止や脱原発を訴えるとともに、あちこちでアルトを吹き、語っているわけである。彼女のプレイから滲み出る情や音圧は、それとは無縁ではありえないだろう。

彼女はこのように言った。「私は、自分の存在自体がとてもマイノリティーだなと感じながら、サックスを吹いてきました。私が、反権力の思想をもつのは、ごく自然な成り行きでした。自分の放った音が、権力と闘う人達のエンパワメントになっていったらいいなと思います。救われない最後の一人に迄、寄り添える事ができたらと思います。

(文中敬称略)

Share Button

齊藤聡

齊藤 聡(さいとうあきら) 環境・エネルギー問題と海外事業のコンサルタント。著書に『新しい排出権』など。ブログ http://blog.goo.ne.jp/sightsong

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.