#981『メナヘム・プレスラー ピアノリサイタル/Menahem Pressler Piano Recital』

閲覧回数 1,153 回

2017年10月16日(月)@東京・サントリーホール/Suntory Hall, Tokyo
Text by 伏谷佳代 Kayo Fushiya

<出演/Performance>
メナヘム・プレスラー(Menahem Pressler; piano)

<プログラム/Programme>

ヘンデル/Handel:
シャコンヌト長調HWV435
Chaconne in G major, HWV435

モーツァルト/Mozart:
幻想曲ハ短調K.475
Mozart: Fantasia in C minor, K.475
ピアノ・ソナタ第14番ハ短調K.457
Piano Sonata No.14 in C minor, K.457

ドビュッシー/Debussy
『前奏曲集』第1集から Extrait de Préludes 1
デルフィの舞姫たち Danseuses de Delphes
帆 Voiles
亜麻色の髪の乙女 La fille aux cheveux de lin
沈める寺 La cathedrale engloutie
ミンストレル Minstrel
レントより遅く La Plus que lente
夢 Rêverie

ショパン/Chopin:
マズルカ第25番ロ短調op.33-4
Mazurka No.25 in B minor, op.33-4
マズルカ第38番嬰ヘ短調op.59-3
Marzurka No.38 in F-sharp minor. Op.59-3
マズルカ第45番イ短調op.67-4
Mazurka No.45 in A minor, op.67-4
バラード第3番変イ長調op.47
Ballade No.3 in A-flat major, op.47

*アンコール/encore
ショパン/Chopin: ノクターン第20番嬰ハ短調 遺作
Nocturne no.20 in C-sharp minor, posthumous
ドビュッシー/Debussy: 月の光 Clair de lune


93歳のピアニスト、メナヘム・プレスラー。1955年から半世紀続いたボザール・トリオの中核としてその名を歴史に刻み、2014年のラトル指揮ベルリンフィルとのジルベスターコンサートは世界中に熱狂をもたらした。この日は17〜 20世紀までを網羅した選曲。磨き抜かれた珠玉の音色、その弱強は厳かな遠近法を保ちつつ、甘露のような色彩感でリアリティを底上げする。ピアニシモになればなるほど美しく、威力は増す。どんな微細なニュアンスも聴き逃すまい、と観客の耳は吸い寄せられる。楽曲の格子を点描画法のように浮き彫りにする理知的な迫力と、音間を自由に舞い、揺るがせては音楽に語らせる、熟練が生む節回し。その洒脱な「ずれ」のバランスが至芸。とりわけ、後半のドビュッシーとショパンのマズルカ。しんしんと体積してゆく残響、泥濘 (ぬかるみ) のなかにも息づく鼓動、自在な音圧に取り込まれる「亜麻色の髪の乙女」や「沈める寺」。削ぎ落としたエッセンスから作曲家の情念を最大限に炙りだす、ある意味写実の極みともいえるマズルカ。異界に迷い込んだような別次元の音楽である。総立ちの客席からは、この日に立ち会えた歓びが暖かな波となってさざめいた。(*文中敬称略。伏谷佳代)


The 93-year old legendary pianist Menahem Pressler earned his place in musical history as the heart of the much acclaimed Beaux Arts Trio, which performed for over half a century from 1955. At a New Year’s Eve Concert in 2014 conducted by Sir Simon Rattle, the pianist played with the Berlin Philharmonic; a performance that was met with wild enthusiasm across the world. The selection of music in this 2017 Japan recital included a comprehensive range of works from the 17th to the 20th centuries. The timbre was like a polished gem, and its loudness, while maintaining a dignified perspective representation, raised reality with a sense of dewdrop-like color: the more pianissimo, the stronger the power. The audiences’ ears were irresistibly drawn toward so as not to miss any single nuance, however subtle. With an intellectual drive throwing the latticework of compositions into relief, rather like pointillism, and melodies produced by an intuitive mastery, freely dancing and swaying between the sounds, the music artfully narrated the stories; the balance of such sophisticatedly refined gaps resulted in an unrivaled performance, especially in the Debussy and mazurkas of Chopin heard after the intermission. Pieces such as ‘La fille aux cheveux de lin’ and ‘La cathedrale engloutie’ were captured with unrestricted sound pressure and steadily accumulating reverberation, and yet the pulse was vibrantly alive even in stagnated passages. By pruning the essence, the composer’s passions were revealed to the maximum; it was a mazurka that in one sense can be described as the height of realism. The music was of a different dimension as if straying into the supernatural. At the end of the recital, the standing ovation expressing the audience’s joy at such sublime moments rippled like warm waves across the hall. (Kayo Fushiya)


https://menahempressler.org/
http://amati-tokyo.com/artist/post-31.html

Share Button
伏谷佳代

伏谷佳代

伏谷佳代 (Kayo Fushiya) 1975年仙台市出身。早稲田大学卒業。幼少時よりクラシック音楽に親しみ、欧州滞在時 (ポルトガル・ドイツ・イタリア) に各地の音楽シーンに通暁。欧州ジャズとクラシックを中心にジャンルを超えて新譜・コンサート/ライヴ評、演奏会プログラムの執筆、翻訳などを手がける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.