#1023 喜多直毅クァルテット 二日間連続公演『厳父』-沈黙と咆哮の音楽ドラマ-第一日/ Naoki Kita Quartette/two days consecutive concerts: Strict Father— A Music Drama of Silence and Roaring-1st day

閲覧回数 4,937 回

2018年8月11日(土)東京渋谷・公園通りクラシックス 11th August, 2018(Sat)@ Tokyo Shibuya, Koendori Classics

Reported by Kayo Fushiya 伏谷佳代
Photos by Etsuko Yamamoto 山本悦子

喜多直毅クアルテット/Naoki Kita Quartette
喜多直毅/Naoki Kita (Music and Violin)
三枝伸太郎/Shintaro Mieda (Piano)
北村聡/Satoshi Kitamura (Bandoneon)
田辺和弘/Kazuhiro Tanabe (Contrabass)

<プログラム/programme>
1.月と星のシンフォニー Symphony of the Moon and Stars
2.さすらい人 The Wanderer
3.昭和 Showa
4.ふるさと My Hometown
5.轍 The Rut
6.悲愴 Pathetique


ひとつのユニットに「場数」がもたらすものについて納得させられる。回を重ねるごとに増してゆくヴェルヴェットの滑らかさ、それに比例する粟立つような戦慄。精妙でダイナミックなコンポジションとアレンジにより幾重にも増幅されるノスタルジックな伏線。余白を縫うのは創造性の自由な飛翔だ。それらはまったき馥郁さで聴き手のこころの領内へ侵入し、容赦ない切実さで掻きむしる。楽器ごとの特長を浮き彫りにしながら互いの間を移ろう旋律は、時に陽炎のような妖気を孕みつつ(「昭和」「ふるさと」)、音楽の前景と後景を鮮やかに描ききる(「轍」)。安定したテクスチュアを提示しつつも、定義を常に逃れる音楽。婆娑羅(ばさら)の絢爛と荒涼の静寂、その両極を結ぶ音楽。畏怖と激情と両立させる音楽—境界音楽の騎手として、このクァルテットはどこまで疾走し続けるのだろうか。今後も目が離せない。(*文中敬称略。伏谷佳代)


By listening to this quartette, we can all be convinced of the many benefits experience bestows upon a group of musicians. Their velvet smoothness enhances every performance, and the proportionally growing effect on the listener spreads to become a delightful shiver of goose bumps. A nostalgic hint is amplified many times by exquisite as well as dynamic composition and arrangements. A free flight of creativity stiches the blank spaces. These deceptively fragrant elements break into the territory of the listener’s heart and tear it with ruthless fervency. While exposing the characteristics of each instrument, melodies shift among them, occasionally carrying a weird breath of air like a shimmering heat haze (“Showa”, “My Hometown”), vividly and completely depicting the foreground and background of the music (“The Rut”). In spite of presenting a stable texture, the musicians constantly flee from blunt definitions. A gorgeous eccentricity and a bleak stillness; the music connecting both extremities balances both awe and passion. As cutting-edge of transborder music, just how far will this quartette keep ranging? We cannot take our eyes off them. (Kayo Fushiya)


 


喜多直穀クァルテット 次回公演予定/ Naoki Kita Quartette upcoming concerts:

10月22日(月)@西南学院大学 西南コミュニティセンター ホール
22nd October (Mon) @Seinan Gakuin University, Seinan Community Hall
福岡県福岡市早良区西新6-2-92
6-2-92 Nishijin, Sawara-ku, Fukuoka
tel. 092-823-3952

10月27日(土)/28日(日)※2日連続公演 @東京渋谷・公園通りクラシックス
27th/28th October(Sat, Sun) Two days concerts@ Tokyo Shibuya Koendoeri Classics
http://koendoriclassics.com

<関連リンク>
https://www.naoki-kita.com/
http://kitamura.a.la9.jp/
https://synthax.jp/RPR/mieda/esperanza.html
https://www.facebook.com/kazuhiro.tanabe.33?ref=br_rs

http://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-26086/
http://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-16784/
http://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-11096/

Share Button
伏谷佳代

伏谷佳代

伏谷佳代 (Kayo Fushiya) 1975年仙台市出身。早稲田大学卒業。幼少時よりクラシック音楽に親しみ、欧州滞在時 (ポルトガル・ドイツ・イタリア) に各地の音楽シーンに通暁。欧州ジャズとクラシックを中心にジャンルを超えて新譜・コンサート/ライヴ評、演奏会プログラムの執筆、翻訳などを手がける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.