#864 田崎悦子ピアノリサイタル「三大作曲家の遺言-Ⅲ」

閲覧回数 6,999 回

2015年11月14日 (土)  東京文化会館小ホール
Reported by Kayo Fushiya 伏谷佳代

演奏:
田崎悦子(ピアノ)

プログラム
ブラームス:4つの小品op.119
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番ハ短調op.111
シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番ニ短調D.960遺作

*アンコール
ブラームス:4つの小品より第1~3曲


峻厳さとまろやかさが結晶した、充実のシリーズ 最終回

ブラームス、ベートーヴェン、シューベルトという19世紀の巨匠の、しかも晩年の作品をとり上げる『三大作曲家への遺言』シリーズも最終回を迎えた。全ピアノ・ソナタのなかでも最高峰とされるベートーヴェンのop.111、規模の壮大さでは屈指のシューベルトのD.960など、個々の作曲家の魂と向き合うだけでも、要されるエネルギーは想像を絶するプログラムである。

極めてエレガントな佇まいで登場した田崎悦子は、作品の内へ内へと降りてゆくことでその情熱をみごとに昇華させ、ピアノが自ら語り、発光しているような澄 明な境地を力強く切り開いていた。華々しいキャリアを重ねても決してお家芸に陥らない、絶えず更新される斬新なアプローチ。自己を開放して作品に寄り添いつくす、思い切りのよい音楽への没入。あまたいる日本人ピアニストのなかで田崎悦子が異彩を放つのは、音楽の本質へと斬りこむことにフォーカスした繊細かつプレない美学と、メカニックを超越した、自己の身体と魂へ限りなくフイットする真の技巧を極めている点である。音楽は刻一刻、最強の精度で紡がれる。

ベートーヴェンop.111の第2楽章を、とりわけ感慨深く聴いた。表面の波打は静かながら、冒頭のアリアがヴァリエーションとして変転してゆく緩徐楽章。ピアニストの技倆を、恐ろしいほどにむき出しにしてしまう楽章である。田崎悦子の演奏は、楽曲の構造をどこまでも誠実にあぶり出しつつ、シンプルな一音には崇高な精神性が封じ込められる。響きの彼方には救済の暖かさが滲む。ピアノの全音域を召喚するこの難曲に高い精度の律動を刻みつづけるテンションの 持続、屹立する音色を導きだす、目にも美しい寸分の隙もない身体の運動性など(第1楽章)、聴き手の皮膚感覚に直截に作用するのだ。

さて、シューベルトである。その長大さ、ユニークな調性の推移、雪どけのような緩みを要所で覗かせるこのソナタにかかれば、たいていの優れたピアニストの 演奏でも緩慢に陥る瞬間を逃れ得ない。しかし、田崎悦子の演奏は長さを全く感じさせない。すべての音が、過不足なくあるべき姿を全うしている。幻想とリアル—そのふたつの境界を激しく揺さぶる音楽である。和音の連打にタイム感覚はたわみ、澄明なトリルやメロディには知らず慰撫されているのに気がつく。 まさに「音に生きたシューベルト」の姿が時空の狭間にふと蘇生したひとときであった。

音楽とともに生きてきた人生の滋味が、峻厳さとまろやかさを伴って結晶したシリーズの集大成。この日も奏者と伴走したピアノ、ベーゼンドルファー社の創業 がシューベルトの晩年である1828年であることも感慨深い。時間の流れを、作品の偉大さを、そして過去と未来を結ぶことができる、一握りの演奏家の「今」を想うのだ (*文中敬称略。11月16日記)。

Share Button
伏谷佳代

伏谷佳代

伏谷佳代 (Kayo Fushiya) 仙台市出身。早稲田大学卒業。幼少時よりクラシック音楽に親しみ、欧州滞在時(ポルトガル・ドイツ・イタリア)には多言語習得と組み合わせた音楽諸般への理解を深める。欧州ジャズとクラシック音楽を中心とした新譜とコンサート評多数。流れゆく音楽の形相を適格に捉え、深くかつ簡潔な文章スタイルで、ジャンルを超えて多くのアーティストから信頼を寄せられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.