#870 このライブ/このコンサート2015海外編#06 『Chris Pitsiokos』

閲覧回数 2,119 回

2015年3月31日 Shapeshifter Lab、Don Pedro(ともにニューヨーク・ブルックリン)
text and photos by Akira Saito 齊藤 聡

<Shapeshifter Lab>
Lester St. Louis Large Ensemble:
Martha Cargo (fl)
Robbie Lee (contrabass recorder)
Chris Pitsiokos (as)
John Gattis (French horn)
Ben Stapp (tuba)
Zach Seely (g)
Carrie Frey (viola)
Lester St. Louis (cello)

<Don Pedro>
Chris Pitsiokos (as)
Greg Fox (ds)

愛好家たちの間で話題にのぼることが多くなってきていたアルトサックス奏者、クリス・ピッツイオコス。

矢も楯もたまらず、ブルックリンのShapeshifter Labに足を運び、「Lester St. Louis Large Ensemble」というグループでのピッツイオコスの演奏を観た。このアンサンブルは、チェロ、ヴァイオリン、ギター、フレンチホルン、チューバ、アルトサックス、フルート、手製のヘンな楽器の若い面々による8人編成。各人の実験精神溢れる演奏の中でも、ピッツイオコスのサックスは異質な強度を持っていた。

音量そのものが特に大きいというわけではない。鳥のささやきのようでもあり、自身の内臓をすべて吐き出すようでもあり。演奏の都度その姿を変えるキメラのようでもあった。

同じ夜、さらに電車で同じブルックリンにあるDon Pedroというバーに移動し、23時半ころから、グレッグ・フォックスとのデュオを観た。ピッツイオコスは、身体を前後に揺らしながら、直前に聴いた音よりもさらに振幅も強度も大きな音を発し続けた。バーで飲んでいた客もみんな出てきて、圧倒されて彼のブロウを凝視した。

(文中敬称略)

Share Button

齊藤聡

齊藤 聡(さいとうあきら) 環境・エネルギー問題と海外事業のコンサルタント。著書に『新しい排出権』など。ブログ http://blog.goo.ne.jp/sightsong

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.