“This is only the beginning” by Anat Fort
”まだ始まったばかりだからね”” by アナト・フォート

閲覧回数 1,663 回

text by Anat Fort

We had just finished playing the late set at the Knitting Factory. Everybody was so excited, still feeling the music in every part of their body and soul. Perry turned over to the band and with those ever-sparkly eyes said: “This was great. And this is only the beginning!”

Fall 2003 was a very important time in my life. I was getting ready to record my album “A Long Story”, and spent many hours thinking about the sound I wanted to have on that record.  I had already been working in trio setting with bassist Gary Wang and drummer Roland Schneider, and the format felt very natural to me. But on “A Long Story” I was going to have an opportunity to work with some of my idols, legendary drummer Paul Motian and incredible bassist Ed Schuller. And I felt it required something else. Something more.

I was already a huge fan of Perry Robinson’s playing when I moved to New York, in the mid- 90’s. Around that time, I started playing with drummer Lou Grassi, and I knew Lou and Perry had played a lot together. One day I asked Lou to see if Perry would agree to play a session with us. The next day I got a call from Lou: “We have a session scheduled with Perry, he would love to play”. I was so excited!

We had a great time playing together from the very first note. Since the session Lou had set up, I was lucky to share the stage with Perry on many occasions and for years to come, from playing completely free improvised sets in duo format to collaborating in much larger ensemble combinations, in and around the US and Europe.

So when it came time to record my new project with Ed Schuller and Paul Motian, I naturally thought of Perry. When I called him up, it was his turn to get excited. Since Paul would not rehearse, we all met in the studio. To witness Paul and Perry’s meeting in the studio was a riot. They haven’t seen each other in about 20 years and they just couldn’t contain the excitement, sharing so many stories with one another and with the rest of us.  At some point I had to stop them since they clock was ticking, we only had one day with Perry in the studio…but the excitement spilled over to the music. Perry played amazingly well as usual and that recording gained us so much recognition and accolades we were invited to travel and perform much together in the coming years.

Hearing of Perry’s passing left me sad but surprisingly light about it. Getting to know him was a special treat from the universe: a meeting with one of the most kind, creative, free-flowing and brilliant players and human beings I’ve ever known. From the first time I played with him and till the last, he never missed an opportunity to share his most authentic approach to living and playing music by treating every experience, every moment as the potential beginning for something new. Maybe his life on this earth is now over as we see it, but “This is only the beginning”!

From “A Long Story” (ECM1994) session : Courtesy of ECM

“まだ始まったばかりだから” by アナト・フォート

ニッティング・ファクトリーで遅いセットを終えたばかりだった。誰もがとても興奮していた。身体や心のあちこちでまだ音楽の余韻を感じながら。ペリーが目を輝かせながら言ったものだ..「素晴らしかったよ。だけど、まだ始まったばかりだからね!」

2003年の秋は私の人生でとても重要な時期だった。アルバム『A Long Story』の準備に取り掛かっていた私はどんな音楽を描こうかと長い時間をかけて思いを巡らせていた。ベースのゲイリー・ウォン、ドラマーのローランド・シュナイダーとはトリオで演奏を重ね、このフォーマットをとてもしっくり感じていたのだが、『A Long Story』では伝説のドラマー、ポール・モチアンや驚異的なベーシスト、エド・シュラーなど私の憧れの存在たちと共演することも考え始めていた。同時に何か別のもの、それ以上の何かにも考えが及んでいた。

90年代にNYに移住してきた頃、私はすでにペリー・ロビンソンの大ファンだった。その頃、私はドラマーのルー・グラッシと共演を始めており、ルーがペリーとよく共演を重ねていたことは知っていた。ある日、ルーにペリーが自分らと一緒にやる気はないか確認するよう頼んでみた。翌日、ルーから電話があった。「ぺリーとスケジュールを組んだよ。彼はぜひ演りたいって」。私は飛び上がって喜んだ。

最初の一音からとてもうまくいった。この時以来、幸運にも私は何度もペリーとステージを共にする機会に恵まれた。デュオでまったくのフリー・インプロからラージ・アンサンブルまで、アメリカ国内やヨーロッパでも。

エド・シュラーとポール・モチアンを加えた新しいプロジェクトでのレコーディングに際しても当然のようにペリーを考えていた。ペリーに電話を掛けると、今度はペリーが大喜びだった。ポールはリハをしない男だから、いきなりスタジオで会った。スタジオでのポールとペリーの出会いは大騒ぎに発展した。ほとんど20年ぶりの再会とかでふたりは興奮を隠しきれず、われわれをそっちのけで次から次へと話は出るわ出るわ。時計が気になりあるところでストップをかける有様。ペリーとの予定は1日だけだったし..。結果、興奮状態が音楽に乗り移っていた。ペリーは変わらず絶好調で、CDの評判はとても素晴らしく、その後何年間かはあちこちで演奏する機会に恵まれる結果になった。

ペリーの死は悲しかったけど、すぐに立ち直ることができた。ペリーとの知遇は宇宙からの特別の贈り物だった。私が知り得た中でいちばん優しく、創造的、自由気ままで、聡明な演奏者および人間のひとりとの出会い。初めて手合わせをした時から最後まで、彼は生きることと音楽を演奏することに対して、あらゆる体験、瞬間が新しい何かが始まる可能性としてつねに本物志向で対応してくれた。われわれが承知しているようにこの世における彼の生は終わってしまったのだろうけど、“まだ始まったばかりだからね!”


Anat Fort アナト・フォート
イスラエル生まれのピアニスト/コンポーザー。
クラシックから伝統音楽を経て10代遅くにジャズに開眼。NJのウィリアム・パターソン大学やポール・ブレイについて学ぶ。2007年のECMデビュー作『A Long Story』で成功を収め、さらに2作を制作。現在はイスラエルで作曲の学位をとるべく勉学中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。