「追悼。CT考」

閲覧回数 4,784 回

 私は声にしなければならない。
「いでよ、今一人の異端者!今一人のセシル・テイラー!」

Share Button
Read more

哀悼 セシル・テイラーとの思い出

閲覧回数 5,733 回

そんなセシルが帰国する直前、出来たらもう一度日本へ来たいし、住んでもみたいと語ったのは、決して外交辞令的な発言ではなく、半ば本心だったのではないかと私は思っている。

Share Button
Read more

1992・夏・白州 

閲覧回数 4,710 回

これまでに何人もの偉大なジャズ・ピアニストを体感して来たが、セシル・テイラー以上にエレガントなパフォーマンスをする人はいなかった。

Share Button
Read more

追悼セシル・テイラー「アキサキラ」写真館

閲覧回数 4,318 回

1973年5月22日セシル・テイラー・ユニット@新宿厚生年金会館大ホール。アキサキラ(サワヒリ語で沸騰するの意)を捉えたトリオレコード営業部のアマチュア・カメラマン石井隆の遺作展。

Share Button
Read more

#170 能楽一噌流笛方15代目 一噌幸弘

閲覧回数 6,424 回

70年代のセシルの音楽には、都節(みやこぶし)音階という日本の音階がふんだんにでてきます。(中略)あれだけ強烈に自在に弾き倒しておいて、最後が能楽の「音取り」のようになって終わる。おおっ!と思いましたね。

Share Button
Read more

#30 セシル・テイラーの「京都賞」受賞を祝う

閲覧回数 10,267 回

「セ~シル・テイラー・ユ~ニット!!」。レコードに針を下ろすといきなりMCの絶叫する声が耳に飛び込んでくる。悠 雅彦氏の壮年の声である。そして、その声にかぶるようにしてピアノが、アルトサックスが、そして、ドラムスが雪崩を打って出てくる。

Share Button
Read more