『マシン・ガン』から50年

閲覧回数 1,252 回

ペーター・ブロッツマンがヨーロッパのフリージャズにおける最重要作のひとつ『マシン・ガン』を録音してから半世紀経つ。「怒り」を象徴するかのような攻撃的なサウンドといい、『マシン・ガン』はこの時代を表象するアルバムだ。そして、表現スタイルこそ違えど現代のオルタナティヴ音楽へのとば口を開いたのも彼らなのである。

Share Button
Read more

#1523 『Alexander von Schlippenbach – Globe Unity Orchestra / Globe Unity – 50 Years』

閲覧回数 3,488 回

2016年11月、ベルリン・ジャズ祭でのグローブ・ユニティ・オーケストラ50周年記念コンサートのライヴ盤。これは歴史に残る作品である。

Share Button
Read more

#424 『Globe Unity・50 YEARS』 

閲覧回数 3,291 回

楽器群の音質が優れていて、コンテンポラリーなサウンドが強烈に引き立つ

Share Button
Read more

3/15~5/06 Underground and Improvisation. Alternative Music and Art after 1968

閲覧回数 3,172 回

ベルリン芸術アカデミーで3月15日から5月6日まで展示会「Underground and Improvisation. Alternative Music and Art after 1968」が開催されている。期間中、さまざまなコンサート、パネル・ディスカッションなども企画されている。

Share Button
Read more

12/21 アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ、ドイツ連邦共和国功労勲章を受章

閲覧回数 5,382 回

ドイツ・ジャズ界の重鎮でピアニスト、作編曲家のアレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハがその文化的な貢献からドイツ連邦共和国功労勲章を受章した。

Share Button
Read more

追悼 “Dr.Jazz” 内田修「男の約束」

閲覧回数 9,543 回

「アレックス君、そんな気分になったらいつでも連絡して来なさい。僕が注射してコロッとあの世に飛べるようにしてあげるよ」と云い、「Bitte! その時は頼みますよ」と二人は大笑いしていたことが今は懐かしい。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 50 JazzFest Berlin 2016

閲覧回数 13,232 回

グローブ・ユニティ・オーケストラ50周年記念コンサートをベルリン・ジャズ祭のステージで行うという。加えて、少し前から気になっていたフランスの若手ピアニスト、イヴ・リッサのホワイト・デザート・オーケストラも出演する。これは行かねばなるまい。11月のベルリンはどんよりとした雲の下、暗くて寒い。だが、プログラムに背中を押さるようにベルリンへ向かった。

Share Button
Read more