#1532 『Daniel Carter – William Parker – Matthew Shipp / Seraphic Light』

閲覧回数 2,374 回

個性の方向がそれぞれまったく異なる傑出した3人による成果。楽器間の権力構造や、演奏内での中心と周縁といった構造を排することによって、他にはみられないトリオ演奏の形を提示している。

Share Button
Read more

#973 2017年9月のニューヨーク

閲覧回数 16,219 回

2017年9月のニューヨーク・ジャズシーン報告。

Share Button
Read more

#1340 『生活向上委員会:In NY支部』

閲覧回数 31,430 回

ともあれ、祝CDリリース! 待ち望んでいました。おまけに、ドン・モイエまでが来日し、生活向上委員会と共演するとは! 一体どんな演奏が繰り広げられるのか。ぜひともライヴ録音をリリース願います。

Share Button
Read more

連載第11回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 12,204 回

The Stoneにおいて、1月の最終週、クレイグ・テイボーンが6夜の演奏を行った。待望のレジデンシーである。テイボーンが、90年代半ばの登場以来もっとも才能があり革新的なピアニストだということは、多くが認めるところだ。ここでも、魅惑的な幅広いパフォーマンスをみせた。

Share Button
Read more