#424 『Globe Unity・50 YEARS』 

閲覧回数 2,569 回

楽器群の音質が優れていて、コンテンポラリーなサウンドが強烈に引き立つ

Share Button
Read more

4/13~ fischiff WÄNDE 003: e&e typography by EVAN PARKER

閲覧回数 2,708 回

4月13日から6月頃まで、下高井戸にあるカフェfischiffでは、その壁面を利用して、エヴァン・パーカー自身がレイアウトしたIncus初期のLPジャケット展が開催されている。

Share Button
Read more

#406 『Evan Parker– Barry Guy – Paul Lytton / Music for David Mossman~Live at Vortex London』

閲覧回数 3,779 回

オンマイク手法と遮断が、このディスクの聴きどころなのだ。

Share Button
Read more

Hommage to Misha Mengelberg Roberto Masotti, Millano

閲覧回数 10,398 回

ミラノに住む著名な写真家ロベルト・マゾッテイが捉えたミシャ・メンゲルベルク。1978年を中心に最新は1998年のポートレイトまで。 *をクリックすると拡大表示されます。

Share Button
Read more

4/16-27 INTAKT RECORDS IN LONDON〜バリー・ガイ生誕70年記念

閲覧回数 12,497 回

シュリッペンバッハは、ソロでモンク特集、トリオでエヴァン・パーカー、ポール・ローヴェンス(ds)、高瀬アキは、イングリート・ラウブロック、ルディ・マハールとのそれぞれデュオが組まれている。

Share Button
Read more

#1369 『山口正顯・渡辺生死 duo / 砂山』

閲覧回数 24,359 回

聖地・高円寺グッドマンから現れたリード&ドラム・デュオによる叙情曲集は、パンドラの箱からフリージャズの精霊たちを解放し、ギミック無しの生のジャズのパワーを世に知らしめるパラレル・モーションである。

Share Button
Read more

このライヴ/コンサート(海外アーティスト)#06 グローブ・ユニティ・オーケストラ
、イヴ・リッサ・ホワイト・デザート・オーケストラ

閲覧回数 12,696 回

ベストというからには一つに絞るべきなのだろうが、今回はあえてベルリン・ジャズ祭で観た2つのヨーロッパのオーケストラ、アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ率いるグローブ・ユニティ・オーケストラ50周年記念コンサートと、フランスの若手イヴ・リッサのホワイト・デザート・オーケストラを挙げたい。

Share Button
Read more

このライブ/このコンサート2016(海外アーティスト)#05 『エヴァン・パーカー、高橋悠治』

閲覧回数 13,202 回

エヴァン・パーカー、高橋悠治、異能のデュオ。

Share Button
Read more

夏の終わりのニューヨーク

閲覧回数 16,818 回

2015年9月のニューヨーク。6日間で20を超える数のギグに立ち会った。無限の魅力を持つジャズの街なのだ。

Share Button
Read more

# 140 末冨健夫 Suetomi Takeo (Producer/Label Owner)

閲覧回数 8,930 回

この歳と身体になると、「猫達よりは長生きして、全員看取ってやらないと。」とかが夢になります。これ、冗談ではなく...。音楽では、ちゃぷちゃぷレコードを出来るだけ長く維持し、たくさんの世に眠る文化遺産としての音源を一枚でも多くリリースし、できるだけ多くの人の耳に届けたい。

Share Button
Read more