# 1454『Gary Peacock Trio / Tangents』

閲覧回数 1,003 回

「ベース奏者によっていかにレベルが上がるものか」と形容できるベーシストはジャズ史において、スコット・ラファロ、ゲイリー・ピーコック、トーマス・モーガンだけです、

Share Button
Read more

#379 『Gary Peacock Trio / Tangents』

閲覧回数 1,821 回

当然ながらゲイリー・ピーコックのベースの重々しさの表現力は、脱帽の録音。

Share Button
Read more

8/25 ECMから一挙新作6タイトルがリリース

閲覧回数 2,379 回

音楽の秋、芸術の秋を前にECMから新作が一挙に6タイトル リリースされた。ジャズ系、ニュー・シリーズ系各3タイトルずつ。

Share Button
Read more