#1388『Stephan Crump | Ingrid Laubrock | Cory Smythe / Planktonic Finales』

閲覧回数 13,604 回

作曲の否定や即興の称揚というよりも、インプロヴィゼーションによって現れるだろうオルタナティヴな構造化――スポンティニアス・コンポージング――の探求。少なくとも本盤に残された有機的に発展していく「即興音楽」は、そうした行為のありようを物語っている。

Share Button
Read more

#321 『Stephan Crump|Ingrid Laubrock|Cory Smythe / Planktonic Finales』

閲覧回数 6,820 回

このディスクは音像の存在感が命。しかも左右空間に濃厚。

Share Button
Read more