ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第18回 マタナ・ロバーツ:現代アメリカにおける音楽と政治

閲覧回数 687 回

ニーナ・シモンが『ミシシッピ・ガッデム』を、ビリー・ホリデイが『奇妙な果実』をもし歌っていなければ、後世の我々はその当時の人々の苦しみを今ほど知ることが出来ていただろうか。シカゴルーツのサックス奏者、マタナ・ロバーツが音楽を通して表現する現代アメリカの政治的メッセージとは。

Share Button
Read more

#973 2017年9月のニューヨーク

閲覧回数 3,140 回

2017年9月のニューヨーク・ジャズシーン報告。

Share Button
Read more

連載第25回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 2,045 回

激しい色彩を幻視させられるジェイミー・ブランチ『Fly or Die』、弦楽器トリオ「Hear in Now」による伝統と即興との融合『Not Living in Fear』。

Share Button
Read more