「Jazz。豊穣の海。」

閲覧回数 1,517 回

この過程はテイラーだけのものではない。日本に孤高のギタリストが居た。ボサノヴァでプロデビューし、トリスターノの研究からクール派の演奏を成就し、タンゴを異形な演奏で示し、漸次投射/集団投射の方法論で日本独自のフリージャズを顕現させ、遂にはそのギターソロが轟々たるノイズの壁を屹立させるに至る。高柳昌行、その人である。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #15 『Nem Um Talvez』

閲覧回数 17,680 回

エルメートがマイルスに提供したこの恐ろしく美しい曲。正しいフォームとコード進行があまり知られていないこの曲を解説。

Share Button
Read more

~1/20 『パコ・デ・ルシア〜灼熱のギタリスト』を1月20日まで期間限定上映

閲覧回数 12,495 回

パコは日本にはある程度成功した状態で来日して来たが、アンダルシア地方アルへシーラスでの子供時代以来、どんな経験や苦悩があったのか、

Share Button
Read more