# 1454『Gary Peacock Trio / Tangents』

閲覧回数 1,867 回

「ベース奏者によっていかにレベルが上がるものか」と形容できるベーシストはジャズ史において、スコット・ラファロ、ゲイリー・ピーコック、トーマス・モーガンだけです、

Share Button
Read more

# 387 『シーネ・エイ/ドリームス』

閲覧回数 1,133 回

近接の歯切れは、録音術ならではの効果。当然、狙っている。

Share Button
Read more

#379 『Gary Peacock Trio / Tangents』

閲覧回数 2,357 回

当然ながらゲイリー・ピーコックのベースの重々しさの表現力は、脱帽の録音。

Share Button
Read more

9/15 スイスINTAKTレーベルから9月新譜2タイトル

閲覧回数 2,551 回

スイスINTAKTレーベルから9月新譜として『トム・レイニー・オブリガトー/フロート・アップストリート』(Intakt CD292)と、『イレーネ・シュヴァイツァー+ジョーイ・バロン/ライヴ!』の2タイトルがリリースされる

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #17 『Hypochristmutreefuzz』

閲覧回数 10,835 回

エリック・ドルフィーの<Last Date>でしかミシャ・メンゲルベルクの名を知らなかった筆者、訃報をきっかけにミシャのフリー・インプロバイザーとしての実力やICPなどでの活躍を知るが、フリー・インプロバイザーとジャズとを両立できる数少ないアーティストとして感銘を受け、ジャズ・プレーヤーとしてのミシャを解析して見た。

Share Button
Read more

#320 『John Abercrombie Quartet / Up and Coming』

閲覧回数 7,197 回

ギターのエッジの自然さが心地良く、」ピアノの余韻と巧く解け合う。その余韻の美しさが、このCDの聴きどころだろう。

Share Button
Read more

9/24 ECMからA.シリルとJ.ブロの新作リリース

閲覧回数 8,746 回

ECMの10月新譜は、46年ぶりのECM登場アンドリュー・シリル・カルテット(ビル・フリゼールを含む)と、2度の来日を果たしたデンマークのギタリスト、ヤコブ・ブロの第2弾。

Share Button
Read more