連載第32回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 1,182 回

シャーメイン・リー『Ggggg』は、型破りなノイズの探求であり、聴き手に音楽とノイズとの境界について検討を促すとともに、周辺の普通の音が持つエネルギーにも気付かせる。
レンピス/ピート/デイジー『Throw Tomatoes』では、高速の動きと、三者の拮抗とが次々に展開される。三者は独自のスタイルを持って即興音楽を形成している。ある者が他の者に応答し、旋律、リズム、音色の変化が音楽となってゆく。

Share Button
Read more

連載第26回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 8,759 回

ニコール・ミッチェルが彼女のユートピア的世界観たる『Mandorla Awakening II: Emerging Worlds』、「ジャズ」をその文脈から引き離し、粉砕して、その壊れた欠片により流れと混乱の組み合わせを創り上げた『Hearts and Minds』。

Share Button
Read more

連載第25回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 8,446 回

激しい色彩を幻視させられるジェイミー・ブランチ『Fly or Die』、弦楽器トリオ「Hear in Now」による伝統と即興との融合『Not Living in Fear』。

Share Button
Read more

連載第24回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 8,861 回

シルヴィー・クルボアジェとメアリー・ハルヴァーソンによるバレエとも言うべき『Crop Circles』、アリス・コルトレーンによる祈りの音楽『World Spirituality Classics 1: The Ecstatic Music of Alice Coltrane Turiyasangitananda』。

Share Button
Read more