ジャズ・ア・ラ・モード #14 クインシー・ジョーンズのセーター・ルック

閲覧回数 1,255 回

1960年、27歳のクインシー・ジョーンズは自己のバンドを率いて、ヨーロピアン・ツアーを行っている。この時、彼とバンドメンバーがユニフォームとして着用していたセーター・ルックが当時、如何に画期的なものであったか、この奥の深いテーマを探ってみた。

Share Button
Read more