ある音楽プロデューサーの軌跡 #41「内藤忠行とZEBRA」

閲覧回数 1,922 回

シンセが叩き出すポリリズミックなリズムにジャックがシンセでイントロのメロディを乗せる。いつのまにかスタジオに入ってきたレスターがテーマを吹き出す。背筋に電流が走った。

Share Button
Read more

Poo at ジョージ大塚「マラカイボ・コーンポーン」セッション

閲覧回数 7,154 回

1978年5月、NYサウンド・アイディア・スタジオでのジョージ大塚「マラカイボ・コーンポーン」をプロデュースする菊地雅章。多くの “ECMアーチスト” が参加した。

Share Button
Read more