#399 『ロン・マイルス/アイ・アム・ア・マン』

閲覧回数 3,550 回

アコースティック空間に響く音像の図太さに圧倒される。ミックスの優秀さがダントツに光る。マスタリングも同様と考える。

Share Button
Read more

#1455『David Virelles / Gnosis』

閲覧回数 5,848 回

本作『グノーシス』は源泉『エムボコ』をECM的カレードスコープ化した作品に思える、クラシックのマーケットに並べられてもいいような構成感覚もある、

Share Button
Read more

#1453『Bill Frisell & Thomas Morgan / Small Town』

閲覧回数 5,654 回

だめだ、なみだで目が見えない、フリゼール、お前、わかってるじゃねえか、うううっ、作曲したモチアンがよみがえってくるぜ、その心意気、しかと受け取った、

Share Button
Read more

#388『David Virelles / Gnosis』

閲覧回数 6,392 回

低音部を支えるベースの低音の解像の良さは絶品。迫ってくる音量感に絶句。

Share Button
Read more

#1449『Todd Neufeld / Mu’U』

閲覧回数 7,513 回

ジャンルやスタイルに回収できないニューフェルドの音楽は、決して聴き易いものでもなければ、わかり易いものでもない。しかし、そこに定着された、潜勢や気配から発すべき音を掴み取り、無から有へ跳躍するその瞬間の生々しさには抗し難い重力、強度が宿っているのだ。

Share Button
Read more

#1441『Todd Neufeld / Mu’U』

閲覧回数 4,282 回

菊地雅章が身を挺してこじ開けたインプロジャズは、胚胎しその種子となった核がいたるところに内在していることが聴きとることができる、しかしながらそれは、卓抜した演奏者、ここの5にん、トロンボーンを繰るタイションも含む、によってでしか到達できない結果として、だ、もとよりジャズは奏者の力量がものを言う、

Share Button
Read more

#381 『Todd Neufeld / MU’u』

閲覧回数 4,818 回

楽器の特徴、演奏の表現を見事なサウンドで聴かせたディスクだ。

Share Button
Read more

#377 『Bill Frisell|Thomas Morgan / Small Town』

閲覧回数 4,593 回

録音・ミックスはJames A. Farber。Bill Frisell。Manfred Eicher。サウンドに命を掛けた面々。

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第13回 蓮見令麻〜手探りでたぐり寄せた、その糸で織ったもの

閲覧回数 12,330 回

2作目のアルバム、ピアノ・トリオ作品『Billows of Blue』のリリースに至るまでに出会うべくして出会った数々の名盤と、ニューヨークの音楽家達。「ジャズ」とは何かという問いの追求について、自身が語る。

Share Button
Read more

9/24 ECMからA.シリルとJ.ブロの新作リリース

閲覧回数 11,435 回

ECMの10月新譜は、46年ぶりのECM登場アンドリュー・シリル・カルテット(ビル・フリゼールを含む)と、2度の来日を果たしたデンマークのギタリスト、ヤコブ・ブロの第2弾。

Share Button
Read more

#293 『Jim Black / The Constant』

閲覧回数 7,953 回

ピアノの自然さに対するベースとドラムが迫り来る音像は、このグループの印象を強める効果なのかも知れない。

Share Button
Read more

INTAKT レコード(スイス)の8月新譜

閲覧回数 11,167 回

スイスINTAKT レコードから8月新譜2作。1枚は1980年のスイス・ヴィリザウ・ジャズ・フェスのアーカイヴから。もう1枚は、トーマス・モーガンbを擁するジム・ブラックdsのトリオによる新作。

Share Button
Read more

Pooさんのこと

閲覧回数 8,597 回

気胸の他に悪性のものが見つかったとも漏らしていたがそれが何であるか問い詰める勇気は僕にはなかった

Share Button
Read more