#33 シカゴAACM 10周年記念フェスティバル 1975

閲覧回数 5,478 回

僕のジャズ・キャリアの中でAACMとECMに出会えたことはとても幸運だった。AACMのCMは Creative MusiciansだがECMのCMはContemporary Musicだ。Creative MusiciansとContemporary Music、これ以上、何を望めばいいのだろう …)。

Share Button
Read more

このライヴ/コンサート(国内アーティスト)#07 生活向上委員会+ドン・モイエ

閲覧回数 6,950 回

それぞれの音楽家としての軌跡が脳裏に断片的に浮かび上がりつつも、そこに満ちていたのは颯然と今ここを突き抜けていくサウンドだった。年輪を重ねるというのはこういうことなのか。あるべき出会いはまたとない邂逅となったのである。

Share Button
Read more

#922 生活向上委員会大管弦楽団2016

閲覧回数 8,083 回

フリージャズは死なない。ついに実現した三者会談でジグソーパズルの音楽のパワー、音楽の享楽、音楽の本質を心から堪能する10月革命だった。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 49 (Extra) 生活向上委員会+ドン・モイエ

閲覧回数 5,900 回

「TIME TUNNEL」と題された生活向上委員会+ドン・モイエの座・高円寺での公演をスライド・ショーでドキュメント。

Share Button
Read more

#98 梅津和時と生活向上委員会

閲覧回数 8,407 回

 あの最もエキサイティングだった70年代から遠く離れて、はたして「いま、ジャズ十月革命の予感。」なのでせうか?
 時代はさらに寒く...。フリ〜インプロバイズドの燃えさかる「いま」を直視したい。

Share Button
Read more

Reflection of Music vol. 47 ファマドゥ・ドン・モイエ

閲覧回数 8,867 回

世界中に優れたドラマーは沢山いる。しかし、パーカッションにも精通していて、その音楽経験を双方向に反映させている者は多くはない。ドン・モイエはそんな希有なドラマー/パーカッショニストの一人である。

Share Button
Read more

#1333 『原田依幸 with モンドリアン・アレオパディティカ・ストリング・カルテット / 1983』

閲覧回数 25,942 回

盟友梅津和時と袂を分かつことになった原田が、『失楽園』を著して有名なイギリスの詩人ミルトンが1644年、当時の言論弾圧に抗して刊行したパンフレットの書名『アレオパジティカ』に倣って「自由な表現」を求めたように、我々リスナーは「自由な妄想」を追求すべきことを提言したい。

Share Button
Read more

Reflection of Music vol. 25 ランディ・ウェストン

閲覧回数 3,778 回

音楽を演奏するということをスピリチュアルなイベントと捉えているというランディ・ウェストン、スピリチュアルという言葉がぴったりとくる音楽家はそんなにいるものではない。その数少ないひとりが彼なのである。

Share Button
Read more

Relection of Music Extra-A マリオ・スキアーノ

閲覧回数 3,715 回

マリオ・スキアーノのアルト・サックスは、独特のビブラートをかけた奏法に特色がある。そのサウンドには唄を好んだナポリ人のココロが時として現れているのだ。エンターティンメントから前衛まで自由に行き来するスピリットは、歴史的にも自由な精神に支えられた街ナポリの住人、プルチネッラに自己の分身を見るナポリ人の姿に重なるのである。

Share Button
Read more