音の見える風景 Chapter 56「ディジー・ガレスピー」 

閲覧回数 4,945 回

<我々がプレイするとみんなダンスを始めようとする。それが興奮というもので、人々の心の奥底に触れるからだ>ディジー・ガレスピー。

Share Button
Read more

8/17~8/29  第4回チャーリー・パーカー・セレブレーション

閲覧回数 10,319 回

ジャズの革命児チャーリー・「バード」・パーカーは1920年8月29日に生まれた。

Share Button
Read more

Extra:R.I.P. ジェイ・マクシャン

閲覧回数 11,076 回

ジェイ“フーティー”マクシャン(1916.1.12〜2006.12.07)。若きチャー リー・パーカーの異才を見出したカンザス・シティを代表するミュージシャン。

Share Button
Read more

46. チャック・へディックス氏との “ オーニソロジー ” : チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー

閲覧回数 8,296 回

私のカンザス・シティ滞在にはいくつかのハイライトがある。その一つにUMKC (University of Missouri-Kansas City )、ニコルス・ライブラリー、マー・サウンド・アーカイブスのディレクター、チャック・ヘディックス氏(以下へディックス)を訪れる事がある。

Share Button
Read more

# 80『チャーリー・パーカー~モダン・ジャズの創造主』

閲覧回数 6,387 回

とくに、パーカーはモダン・ジャズの源流であるビ・バップの創始者的存在であるだけに、音楽的な解析は避け得ず、菊地成孔、大谷能生、矢野沙織、濱瀬元彦らミュージシャンの対談やインタヴューを通した発言に傾聴すべき内容が多い。

Share Button
Read more

# 74 Chuck Haddix『bird The Life and Music of Charlie Parker』

閲覧回数 8,243 回

カンザス・シティ・ネイティヴ、しかも、膨大な資料を収集、管理、分析するアーカイヴィストの手になるチャック・ヘディックスの著書。この新著で明かされた新事実、既刊書の誤謬の訂正もある

Share Button
Read more