#1532 『Daniel Carter – William Parker – Matthew Shipp / Seraphic Light』

閲覧回数 5,411 回

個性の方向がそれぞれまったく異なる傑出した3人による成果。楽器間の権力構造や、演奏内での中心と周縁といった構造を排することによって、他にはみられないトリオ演奏の形を提示している。

Share Button
Read more

Jazz Right Now 2017年ベストアルバム

閲覧回数 16,226 回

アメリカJazz Right Nowが選んだ2017年ベストアルバム。

Share Button
Read more

連載第20回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 12,158 回

マシュー・シップ最後の録音かもしれない作品『Piano Music』、ジェームス・ブランドン・ルイスのセル・シアターでのライヴ

Share Button
Read more

連載第15回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 16,833 回

メアリー・ハルヴァーソン、ベン・ゴールドバーグ、トマ・フジワラによるグループ「The Out Louds」、マシュー・シップによるふたつのトリオ。前者のレビューは、セシル・テイラー『Dark to Themselves』に参加したドラマーのマーク・エドワーズが執筆。

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第3回 境界を越える―ダリウス・ジョーンズ

閲覧回数 13,523 回

ダリウス・ジョーンズのNYストーンでのレジデンシーがあった。彼にとって声の可能性とは何か、「フリー」の定義とは何か。

Share Button
Read more