10/17-28 ジャズフェスティバル・エスリンゲン〜 ECM 特集

閲覧回数 407 回

ドイツ・エスリンゲンでジャズフェスティバルが開催され、2018年はECM 50周年にフォーカスし、エグベルト・ジスモンチ、ラルフ・タウナー、カーラ・ブレイ、クリス・ポッターなどのコンサートが行われ、10月20日にはマンフレート・アイヒャーを追った映画『Sound and Silence』の上映と、マンフレートの講演が予定されている。

Share Button
Read more

#1556『シャイ・マエストロ/ザ・ドリーム・シーフ』

閲覧回数 1,206 回

今、最も注目すべきイスラエル出身31歳のピアニスト、シャイ・マエストロの待望のECMデビューリーダーアルバム。あふれるアイデアを持つ若き才能がマンフレート・アイヒャーとの出会いで創作の転機を迎えた。

Share Button
Read more

RIP Remembering Tomasz Stanko ECM

閲覧回数 1,245 回

Remembering Tomasz Stanko by ECM (Manfred Eicher)

Share Button
Read more

追悼 トマシュ(トーマス)・スタンコ

閲覧回数 2,037 回

Spotify にマンフレート・アイヒャーが選曲した Remembering Tomasz Stanko がプレイリスト投稿されている

Share Button
Read more

7/29 トランペッター トマシュ・スタンコ逝く

閲覧回数 2,954 回

1976年のデビュー以来創作活動の拠点としていたECMでは、公式サイトのトップにマンフレート・アイヒャー自選の録音を流し最大限の追悼の意を表している。

Share Button
Read more

#416 『ノーマ・ウィンストン / デスカンサードー 〜映画のための歌』

閲覧回数 6,537 回

ボーカル作品の造り方に一つの提案であろう

Share Button
Read more

#1500 『福盛進也トリオ / フォー・トゥー・アキズ』

閲覧回数 8,153 回

『For 2 Akis』は、ECMと日本を巡るさまざまなストーリーの広がりと収束を秘めた特別なアルバム

Share Button
Read more

#1499 『Norma Winstone / Descansado – Songs for Films』

閲覧回数 7,492 回

“In memory of John & Kenny”—−このアルバムは、ジョン・テイラー(1942年9月25〜2015年7月17日)とケニー・ホイーラー(1930年1月14日〜2014年9月18日)の思い出に捧げられている

Share Button
Read more

6/26 ECMとマンフレート・アイヒャーが米ダウンビート誌国際批評家投票で9回目のポールウィナーに

閲覧回数 12,401 回

米ダウンビート誌の第65回国際批評家投票でECMレーベルとプロデューサーのマンフレート・アイヒャーがそれぞれ9回目のポールウィナーに選出された。

Share Button
Read more

#77 柳樂光隆『Jazz The New Chapter ~ ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平』

閲覧回数 9,120 回

現代ジャズの扉は開かれた。ジャズ評論の21世紀はようやく始まった。

Share Button
Read more

#114 アレックス・クライン Alex Cline

閲覧回数 4,974 回

僕は、自分自身の音楽的成果に対し、すごく満足しているし、ロスに留まっていたからこその成果だと思っている。ロス在住のミュージシャンが、東海岸中心のジャズ・メディアに軽んじられているのは事実だと思う。

Share Button
Read more

#27 『ECM catalog』海外プレスの見方

閲覧回数 10,867 回

2年有余をかけて『ECM catalog』は完成した。ECM本社のマンフレート・アイヒャー、スティーヴ・レイク、ハイノ・フライバーグからそれぞれ祝辞が届いた。ECMのオフィシャル・サイトを通じて海外発売もスタートした。

Share Button
Read more

#89 アーリル・アンダーシェン(アリルド・アンデルセン)

閲覧回数 11,903 回

マンフレートはあの時点では普通のプロデューサー以上のことはしていない。僕らのやりたい音楽をやりたいように演奏した。

Share Button
Read more