# 1454『Gary Peacock Trio / Tangents』

閲覧回数 9,483 回

「ベース奏者によっていかにレベルが上がるものか」と形容できるベーシストはジャズ史において、スコット・ラファロ、ゲイリー・ピーコック、トーマス・モーガンだけです、

Share Button
Read more

#379 『Gary Peacock Trio / Tangents』

閲覧回数 8,956 回

当然ながらゲイリー・ピーコックのベースの重々しさの表現力は、脱帽の録音。

Share Button
Read more

#320 『John Abercrombie Quartet / Up and Coming』

閲覧回数 11,265 回

ギターのエッジの自然さが心地良く、」ピアノの余韻と巧く解け合う。その余韻の美しさが、このCDの聴きどころだろう。

Share Button
Read more