音の見える風景 Chapter #50「レイ・ブラウン」

閲覧回数 9,128 回

精妙で機知にとんだバッキング、つやっぽいウォーキング、ゆったりとした寛ぎのあるソロはいまだに色あせていない。
レイ・ブラウンはまさにスーパー・ベースであった。

Share Button
Read more