ある音楽プロデューサーの軌跡 #41「内藤忠行とZEBRA」

閲覧回数 7,530 回

シンセが叩き出すポリリズミックなリズムにジャックがシンセでイントロのメロディを乗せる。いつのまにかスタジオに入ってきたレスターがテーマを吹き出す。背筋に電流が走った。

Share Button
Read more

#33 シカゴAACM 10周年記念フェスティバル 1975

閲覧回数 21,876 回

僕のジャズ・キャリアの中でAACMとECMに出会えたことはとても幸運だった。AACMのCMは Creative MusiciansだがECMのCMはContemporary Musicだ。Creative MusiciansとContemporary Music、これ以上、何を望めばいいのだろう …)。

Share Button
Read more