#102 林ライガ

閲覧回数 734 回

林ライガは、オーソドックスな基本をしっかり押さえているため、フリー〜インプロ、はたまた邦楽とすら、めくるめく交感しうる鬼才である。

Share Button
Read more

9/20~21 杉田誠一「ビッチェズ・ブリュー」が10周年記念イベント開催

閲覧回数 4,600 回

ジャズを中心にジャンルにこだわらず「今」を発信するミュージシャンに門戸を開放してきたオーナー杉田誠一が思いを込めたキュレーションが初日は7時間、2日目9時間にわたって展開される。

Share Button
Read more

#347 『ショローCLUB/from 1959』〜Hear, there and everywhere 6

閲覧回数 4,895 回

エレクトリックが左右空間を濃厚に埋め尽くす音量感は、たまらない魅力だ。

Share Button
Read more

#1386 『渋さ知らズ/渋樹 JUJU』

閲覧回数 17,381 回

「ジムノペディ」についての謎はともかく、のっけからフル回転する狂騒のソロ爆発~立花秀揮(as)、石渡明廣(g)、山田あずさ(vib)~には久々に脳髄がほてった。

Share Button
Read more

#324 『渋さ知らズ/渋樹 JUJU』

閲覧回数 6,181 回

録音も頑張ったが、ミックスも凄い。

Share Button
Read more

#1329 『チョビ渋』

閲覧回数 21,024 回

「チョビ渋」に収録された8曲は全てメンバーのオリジナル、中に<三角大福中>なんて、70年代の自民党総裁選のキーサードがあったりして驚くが、ジャジーなビツグバンドから和製ファンクに行きそうなナンバーまで。楽想に共通してどこか「和」のテイストが感じられるのはやはりどっぷりジャズにはつかっていない中高生ならではだろう

Share Button
Read more

#285 『チョビ渋』

閲覧回数 6,762 回

トランペットやソロをとるエレキギター、みんな中学生、高校生。バックの熱いサウンドも同じく。音場をディストーションで構築したか?

Share Button
Read more

#1260 『十中八九』

閲覧回数 9,167 回

いわき市は東日本大震災の被害の中心ではなかっただろうが、原発事故では少なからず影響を受けたはずである。不破の胸には沈む市民の心を鼓舞したい気持ちが少なからずあったに違いない。その心情と行動がいわき市民を動かし大きなうねりとなりつつある。

Share Button
Read more