追悼 “Dr.Jazz” 内田修「男の約束」

閲覧回数 12,148 回

「アレックス君、そんな気分になったらいつでも連絡して来なさい。僕が注射してコロッとあの世に飛べるようにしてあげるよ」と云い、「Bitte! その時は頼みますよ」と二人は大笑いしていたことが今は懐かしい。

Read more

追悼 “Dr.Jazz” 内田修 「ドクター内田の死を悼む」

閲覧回数 15,760 回

もし、スイスで私が内田さんと巡り会わなければ、私のカメラは故障したままだったろうし、ルイ・アームストロングの姿も幻のままで終わることになっただろう。

Read more

追悼 ”Dr.Jazz” 内田修「お茶目で本当に可愛らしいお人柄」

閲覧回数 11,172 回

名古屋でもあまり外出されなくなった先生と、久しぶりに電話でお話しした時、「もう私も夫もすっかり年取って、夫なんか60歳すぎました!おじいちゃんですよ」と私が話したら、「そんな風に言っちゃいけないよ」と諭された。

Read more

追悼 “Dr.Jazz” 内田修 「先生の笑顔に花束を」

閲覧回数 17,167 回

『新鮮組』(日本コロンビア) を制作して日本ツアーを行い名古屋の「ラブリー」に出演した際に内田先生が聴きに来てくださって演奏をほめて下さり<あなたも女だてらにすごいねー>とあきれられたことから始まる。

Read more

#1368 『内田修ジャズコレクション CHRONICLE』

閲覧回数 32,119 回

“Dr.Jazz”こと内田修先生の訃報と時を同じくして届けられた。岡崎市制100周年の記念事業として編まれたものだから、刊行が先生の死と相前後したのはまったくの偶然だろうが、先生はこの労作の完成を目にされたのだろうか。

Read more

#1125 『内田修ジャズコレクション /人物VOL.1 高柳昌行』

閲覧回数 8,995 回

高柳がギターを弾(はじ)き、叩き、引っ張り、締め上げ、擦(こす)る。ギターが断末魔の悲鳴を上げる。さて、この音世界こそわれわれのリアルな生き様の反映ではないのか。蔓延する不条理に苦しみのたうち回る..。

Read more