#418 『姜泰煥ソロ/ライヴ・アット・カフェ・アモレス』

閲覧回数 4,438 回

録音の狙いどころを熟知したマイキングを見たいものだ。

Share Button
Read more

Hear, there and everywhere #10 「 I ❤ Vinyl」

閲覧回数 5,609 回

ちなみに、「I ❤ Vinyl 」のVinylは「ヴァイナル」と発音し、アナログレコードのこと。欧米では一般にアナログレコードの原料がビニール樹脂であることからVinyl ヴァイナルと呼ぶ。

Share Button
Read more

#1497 『姜泰煥 Kang Tae Hwan / Live at Café Amores』

閲覧回数 5,867 回

姜泰煥ほどポリフォニックな奏法を駆使するサックス奏者はいない。独特な音の上下動で表出されるダイナミズム、そして繊細な表現から導き出される叙情性といい、本盤は姜泰煥の持ち味を見事に捉えている。

Share Button
Read more

#04 『TON-KLAMI / Prophecy of Nue』

閲覧回数 6,019 回

この1本だけLPリリースがなくCDだけで終わっているのは、想像を超えるダイナミック・レンジの広さと予期せぬ音の跳躍にカッターヘッドがトレースできないという物理的理由による。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #40 「近藤等則とTokyo Meeting 1985」

閲覧回数 7,568 回

近藤等則、サムルノリ、姜泰煥ソウル・ジャズ・トリオという、いわゆる東アジアのミュージシャンたちが初めて一堂に会した画期的イベント。

Share Button
Read more

LIVE EVIL #29「Bitches Brew for hipsters only 10 周年記念コンサート」

閲覧回数 8,121 回

とりあえず、10年間お疲れ様でした。機会があればまたレコード・ジャケットの撮影をお願いしたいね。

Share Button
Read more

#1451『TON-KLAMI / Prophecy of Nue』

閲覧回数 9,527 回

このCDは、非イディオマティックな即興演奏という、音楽生成のあり方において最上の記録のひとつであることは論を待たない。それを理解するには、聴くという方法以外には無い。

Share Button
Read more

#1440『TON-KLAMI / Prophecy of Nue』

閲覧回数 10,796 回

姜泰煥、高田みどり、佐藤允彦による唯一無二のグループ、トン・クラミ。22年を経て陽の目を見る圧倒的な演奏である。苛烈なエネルギーを放出した『In Moers』よりも多彩であり、ショーケース的な『Paramggod』よりも一期一会の迫力に満ちている。

Share Button
Read more

#1439『TON-KLAMI / Prophecy of Nue』

閲覧回数 10,123 回

即興演奏、いやアジアのコンテンポラリーな音楽の新たな地平を拓いた歴史的なユニット「トン・クラミ」(姜泰煥、高田みどり、佐藤允彦)のライヴ録音がCD化された。

Share Button
Read more

#380『TON-KLAMI / Prophecy of Nue』

閲覧回数 7,388 回

その中でピアノと打楽器が、遠いサウンドスケープを造っている。筆者仰天の仕掛けである。

Share Button
Read more

特別寄稿 「CDからラッカー盤まで聴き比べ」レポート 山田野案山子

閲覧回数 6,944 回

その次にLPレコードをかけたのですが、同じ音源かと思うほど、まったく入っている音が違い、これには驚きました

Share Button
Read more

11/02~11/13 「ブレス・パッセージ」姜泰煥 来日ツアー

閲覧回数 13,117 回

姜泰煥が再び来日する。今回は佐藤允彦(p)と高田みどり(per)との「TON KLAMI(トン・クラミ)」が16年ぶりに復活、3箇所で公演が行われる他、各地でさまざまなミュージシャンとの共演が行われる。

Share Button
Read more

# 140 末冨健夫 Suetomi Takeo (Producer/Label Owner)

閲覧回数 10,034 回

この歳と身体になると、「猫達よりは長生きして、全員看取ってやらないと。」とかが夢になります。これ、冗談ではなく...。音楽では、ちゃぷちゃぷレコードを出来るだけ長く維持し、たくさんの世に眠る文化遺産としての音源を一枚でも多くリリースし、できるだけ多くの人の耳に届けたい。

Share Button
Read more