ある音楽プロデューサーの軌跡 #36 富樫雅彦

閲覧回数 1,017 回

2007年8月22日、富樫雅彦が逝って早くも10回目の夏を迎えようとしている..。

Share Button
Read more

#32 ドン・チェリー 生誕80年

閲覧回数 2,938 回

1936年11月18日生まれのドン・チェリーが11月18日に生誕80年を迎える。

Share Button
Read more

#34 『JAZZ』1969.6  創刊号

閲覧回数 2,837 回

何れにしても、東大安田講堂封鎖が象徴する学生運動華やかなりし1969年(昭和44年)にジャズの月刊誌を創刊した杉田誠一の英断は高く評価されて然るべきだろう。

Share Button
Read more

Chapter 18 ドン・チェリー

閲覧回数 27,117 回

ドン・チェリーは生き方、考え方、そして音の出し方のすべてがナチュラルで自由な人であったと思う。

Share Button
Read more

Chapter 5 富樫雅彦

閲覧回数 26,679 回

そしてこれ以降の富樫さんはフルセットのドラマーよりも艶っぽいフォービートを叩いたかと思えば先鋭的でイマジネイティブな世界を放射するという、あたかも異次元を漂っているかような独自の展開をはじめるのである。

Share Button
Read more

#622 『富樫雅彦・佐藤允彦/INDUCTIONS』

閲覧回数 2,806 回

互いをよく知った音楽家同士だからこそ、より自由になれるということもある。力で押し切ることもなく、まさに緩急自在、スポンテニアスな演奏とはこういうことをいうのだろう。

Share Button
Read more

#30 佐藤允彦 ~富樫雅彦作品を語る~

閲覧回数 3,696 回

富樫さんの音楽は、書いたものとして確定している部分はすごく少ないんですよ。しかもそれだけじゃわからない。だから、こうなんだよみたいな原型を残したかった。これから先はどうぞご自由に、ということで。これは富樫さんに信頼されていないと出来ない。その意味では、ひとつの仕事ができたと思っている。

Share Button
Read more

#94 『佐藤允彦/佐藤允彦プレイズ富樫雅彦 #3』

閲覧回数 2,541 回

Masahiko Plays Masahiko三作目は、フリー・インプロヴィゼーションの余白がたっぷりある作品群。作品にあるモチーフを一種のマテリアルとして、さらなる創造的空間を構築する鮮やかな手腕は佐藤ならではのもの。しかし、この空間の捉え方、音色に対する美学は、富樫の世界でもある。

Share Button
Read more