JAZZ meets 杉田誠一 #106「小杉武久」

閲覧回数 1,316 回

きわめて私的には、このたった2年間でタテノリ一色であったジャズ・シーンにあって、ヨコノリへの変容を迫ったのがタージ・マハル旅行団の功績ではある。

Share Button
Read more

追悼「小杉武久逝く。『和而不同』の行為観」(前編)

閲覧回数 1,362 回

「音楽における即興性—比較音楽学的考察—」というのが、小杉の卒業論文のタイトルで、指導教官は小泉文夫だった。

Share Button
Read more

追悼:小杉武久

閲覧回数 1,321 回

小杉武久の文字を見付けると、本、雑誌をとにかく買っては何度も読みまくった。私の感性の原点は、この時形成されたと言ってよい。

Share Button
Read more

小杉武久 様

閲覧回数 1,689 回

私がギターの訓練を始めていて、楽器の訓練をしていると求道的になってくると話をすると、直にダメです、音楽を信仰してはいけませんと怒られました。

Share Button
Read more

#追悼 小杉武久

閲覧回数 1,626 回

ヴァイオリンを構える小杉武久 (1986)

Share Button
Read more

タガララジオ 53 track 452-465
20世紀の、30世紀の、40世紀の、50世紀の、60世紀の、70世紀の、80世紀の、90世紀の!

閲覧回数 1,060 回

これから寒い冬にタガララジオは向かいます、みなさまちょいと足をとめて、視聴してみてはいかがでしょうかと、ご案内いたしまする、

Share Button
Read more

10/12 小杉武久氏逝く

閲覧回数 1,464 回

日本を代表する音楽家のひとり小杉武久が10月12日、食道がんのため死去。享年80。

Share Button
Read more

#919 Sound Live Tokyo 2016 マージナル・コンソート/ツァイトクラッツァー × 灰野敬二

閲覧回数 16,450 回

「貪欲な耳と疲弊した耳のための非挑発的音楽フェスティバル」と銘打って開催されたSound Live Tokyo 2016(以下SLT)のラインナップの中で、ひとつの『集団』として『即興』を核にした表現活動を披露するのが、いずれも1997年に始動したマージナル・コンソートとツァイトクラッツァーである。

Share Button
Read more