9/06『健さん』にモントリオール映画祭ワールド・ドキュメンタリー部門で最優秀作品賞!

閲覧回数 6,310 回

モントリオール映画祭は、高倉健が1999年に『鉄道員(ぽっぽや)』(降旗康男監督)で日本人俳優として初めて主演男優賞を受賞した映画祭

Share Button
Read more

#19 長編ドキュメンタリー映画『健さん』

閲覧回数 5,394 回

彼らに共通する視点は高倉健をひとりのアーチストとして捉え、つねにリスペクトの眼差しを湛えていることである。そして俳優.高倉健のみならず、人間・高倉健についての分析の的確さ、分析力の高さは、ひいては映画人としての彼らのレヴェルの高さを物語っている。

Share Button
Read more