JAZZ meets 杉田誠一 #103「セシル・テイラー」

閲覧回数 4,169 回

セロニアスに似て、全く誰のようでもない「間」。デュークに似て、壮大なオーケストレイション。そして、すぐれてパーカッシヴでありながらも、誰よりもよく「うたう」のがセシル・テイラーというわけです。

Share Button
Read more