#98 梅津和時と生活向上委員会

閲覧回数 4,613 回

 あの最もエキサイティングだった70年代から遠く離れて、はたして「いま、ジャズ十月革命の予感。」なのでせうか?
 時代はさらに寒く...。フリ〜インプロバイズドの燃えさかる「いま」を直視したい。

Share Button
Read more

Chapter 15.ダンケ:梅津和時・原田依幸

閲覧回数 16,317 回

 1980年10月18日、ドナウエッシンゲンの会場での一音は原田の<Bitte>から始った。透徹した原田のピアノ・ソロから始まり、やがて梅津がアルトで絡む。二人のヴォルテージは異様に高かった。二人の緊張が高みに達した時、二人は突然唄を歌い始める。完全な即興による<Danke>である。ここで持ち時間は終了するが興奮した会場からは口笛がなり、アンコールの拍手が鳴り止まなかった。

Share Button
Read more