# 1232 『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』

閲覧回数 5,740 回

さて、本作『カヴァード』。グラスパーのピアノ、やはり上手い。ブルーノートに居るような柔らかさ。でも、揺れている。余裕が甘さにすべる。個性やアクはない。おれはピアニストとして立っているわけではないから、と、打音が言う。

Share Button
Read more

#831 ロバート・グラスパー・エクスペリメント

閲覧回数 2,789 回

アンコールはなく、あっさり終わってしまったが、濃密な1時間。機械化されたヒップホップにR&Bの身体性を取り戻す作業は、完成の域に達した。さて、次はどこへ向かうのか。

Share Button
Read more