#73 悲喜交々

閲覧回数 1,741 回

そういえば、近年、シャープな技量と豊かな音楽センスを持つ若いドラマーが続々と出現している。日本という限られたマーケットの中でもドラムス分野から注目すべき人材が来日しているのをご存知だろうか。

Share Button
Read more

#1332 『辛島文雄/マイ・フェイヴァリット・シングス 』

閲覧回数 15,395 回

辛島文雄のジャズ人生50年の軌跡を音にしたオールスター・ドリーム・セッション。
病と闘いながら創作意欲をかきたてて演奏活動を精力的に続けている辛島文雄の次作が何になるのか期待したい。

Share Button
Read more

#289 『辛島文雄/マイ・フェイヴァリット・シングス』

閲覧回数 3,674 回

ジャズに欠かせないミュージッシャンのパワーが、録音のパッケージ規格の頂点を叩く肝の座った処理に拍手。

Share Button
Read more

#1196 『辛島文雄ピアノソロ/エブリシング・アイ・ラヴ』

閲覧回数 2,624 回

エヴァンスからベネット、ジョー・ヘン、ハンコック、マイルス等々永年ジャズにかかわって知った喜びを自らのものにして鍵盤から導き出したもので辛島文雄の人生の重み、人格が詰まっている。そして、なによりも一音一音に沖縄の空気の中でピアノを弾く喜びが音の端々から活き活きと伝わってくるのがうれしい。

Share Button
Read more

#1109 『辛島文雄トリオ/ア・タイム・フォー・ラヴ』

閲覧回数 1,545 回

ピアノ・テクニシャンやエンジニアをはじめピットインミュージックのスタッフが沖縄まで出かけてホール録音したもので、これまでのピットインでのライヴとは空気感が違う。沖縄でのツアーの際、何度かこのホールで演奏した辛島がピアノやホールの響きが素晴らしく、心に残っていて、地元の関係者の協力もあって今回実現したのだそうだ。

Share Button
Read more

Chapter 14 辛島文雄

閲覧回数 3,541 回

常にジャズの本道を歩み続け、その強靭なタッチと前のめりのドライヴ感がうまくかみ合って強力なスイングを生み出す辛島文雄、その顔にはジャズを演奏する喜びが満ち溢れている。

Share Button
Read more

#35 辛島文雄

閲覧回数 442 回

卒業を控えて将来を考えた時に、僕は性格的にどうしても組織の中では生きられない人間である。自分の意に染まないことは指示されてもやりたくない。そうするとジャズしか残らないんです。

Share Button
Read more