#017 庄田次郎+織茂サブ / 大由鬼山+織茂サブ

閲覧回数 5,865 回

“鎌倉の竹林を渡る風”が“野分”に変貌していくさまを目の当たりにして織茂の可能性に驚くとともに、織茂の可能性を引き出した鬼山師の技量と懐の深さに感銘を受けた一夜だった。

Share Button
Read more