#1549 『崔善培カルテット/アリラン・ファンタジー』〜故郷への道

閲覧回数 1,690 回

彼らは何も声高に「これが俺のジャズだ」とは主張しなかった。彼らの存在自体がジャズの現在形だった。彼らはことさらにフリーであることを主張しなかった。

Share Button
Read more

# 140 末冨健夫 Suetomi Takeo (Producer/Label Owner)

閲覧回数 10,950 回

この歳と身体になると、「猫達よりは長生きして、全員看取ってやらないと。」とかが夢になります。これ、冗談ではなく...。音楽では、ちゃぷちゃぷレコードを出来るだけ長く維持し、たくさんの世に眠る文化遺産としての音源を一枚でも多くリリースし、できるだけ多くの人の耳に届けたい。

Share Button
Read more