Great Music Forever! ムーハルが遺してくれたもの

閲覧回数 126 回

ムーハル、素晴らしい音楽をありがとう。そしてオリジナルであること、自分自身が 原型であり、心で他の人と関わった時に生まれるハーモニーの大切さを、あなたは教え てくれた。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams : profile

閲覧回数 531 回

その高潔な人間性、統率力、指導力は「ムーハル」(総師)と呼ばれるにふさわしい。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams by Jack DeJohnette

閲覧回数 482 回

1964年に彼とロスコー・ミッチェルがシカゴのAACMを設立する前夜、僕は彼のエクスペリメンタル・バンドで演奏していた。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams – What he meant to me by Chico Freeman

閲覧回数 460 回

RIP Muhal Richard Ab

Share Button
Read more

ムーハル・リチャード・エイブラムスとの在りし日をしのぶ

閲覧回数 418 回

とりわけ強く印象に残っているのがフェスティヴァルの開幕日と、最終日(日曜日の11日)の取りを飾ったAACMビッグバンドの演奏で、そのリーダーが彼だった。

Share Button
Read more

ムーハル・リチャード・エイブラムスの訃報に接し

閲覧回数 369 回

エイブラムスのピアノは決して硬質ではなく、無機的でもない。全く其の逆で、どんなに激しい演奏においても、共演者のサウンドを生かす事ができる。

Share Button
Read more

#1464 『Rent Romus / Deciduous : Midwestern Edition Vol. 1』

閲覧回数 1,022 回

“即興の創造的な強靭さ・歴史・一期一会を共有する人々を橋渡しする”プロジェクト『Deciduous(落葉)』は、森の中の精霊を創造の種とする即興演奏のルーツを復興する試みといえよう。

Share Button
Read more

連載第23回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報
ニコール・ミッチェル・インタビュー

閲覧回数 4,382 回

フルート奏者、作曲家、教育者のニコール・ミッチェルは、一連の革新的で先見性ある録音を通じて、最先端に身を置いてきた。最新作『Mandorla Awakening II』が2017年5月5日にリリースされたばかりである。シカゴ・シーンへの登場、オクテイヴィア・バトラーのインスピレーション、新作などについて語る。

Share Button
Read more

連載第19回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 5,997 回

黒人音楽やアートの過去と現在を俯瞰する『自由の原則』展と『絶え間ない叫び』展、そして、ブランドン・ロペスの新グループThe Mess。

Share Button
Read more

#33 シカゴAACM 10周年記念フェスティバル 1975

閲覧回数 9,546 回

僕のジャズ・キャリアの中でAACMとECMに出会えたことはとても幸運だった。AACMのCMは Creative MusiciansだがECMのCMはContemporary Musicだ。Creative MusiciansとContemporary Music、これ以上、何を望めばいいのだろう …)。

Share Button
Read more

Reflection of Music vol. 47 ファマドゥ・ドン・モイエ

閲覧回数 12,272 回

世界中に優れたドラマーは沢山いる。しかし、パーカッションにも精通していて、その音楽経験を双方向に反映させている者は多くはない。ドン・モイエはそんな希有なドラマー/パーカッショニストの一人である。

Share Button
Read more

Reflection of Music vol. 37 レスター・ボウイ

閲覧回数 5,188 回

レスター・ボウイのソロはいつも華があった。彼のアイドルがルイ・アームストロングだったことは、トランペットの表情によく表れている。技術的に際立っていた奏者ではないが、一聴してすぐそれとわかる音色、表現の多彩さ、表情の豊かさには誰も真似ができないものがあった。

Share Button
Read more

# 079 尾川雄介+塚本謙『インディペンデント・ブラック・ジャズ・オブ・アメリカ』

閲覧回数 4,459 回

“あの時代の [黒ジャズ] にもっとも相応しい言葉――自主、独立、自立、独自をキーワードに、地域性/民族性/音楽性を限定した結果 ”生まれたのが“ インディペンデント・ブラック・ジャズ・オブ・アメリカ”というわけだ。

Share Button
Read more

A POWER STRONGER THAN ITSELF: The AACM and American Experimental Music

閲覧回数 3,584 回

本作は単なる研究書、あるいはオーラル・ヒストリーに基づく歴史本を超えた著作となった。膨大なインタビュー、資料に基づき、時代的文化的背景、60年代の実験音楽の動向等をも含め多角的に検証し、歴史的パースペクティヴのなかでAACMを位置づけている。

Share Button
Read more