#1549 『崔善培カルテット/アリラン・ファンタジー』〜故郷への道

閲覧回数 1,688 回

彼らは何も声高に「これが俺のジャズだ」とは主張しなかった。彼らの存在自体がジャズの現在形だった。彼らはことさらにフリーであることを主張しなかった。

Share Button
Read more