#1368 『内田修ジャズコレクション CHRONICLE』

閲覧回数 20,749 回

“Dr.Jazz”こと内田修先生の訃報と時を同じくして届けられた。岡崎市制100周年の記念事業として編まれたものだから、刊行が先生の死と相前後したのはまったくの偶然だろうが、先生はこの労作の完成を目にされたのだろうか。

Share Button
Read more