#1502 『福盛進也/フォー・トゥー・アキズ』

閲覧回数 1,317 回

無言歌がロマン主義の賜だとすれば、『For 2 Akis』においては、まさにどの曲もネオロマンチシズムの情緒に満ちあふれている。いや、過剰とさえ思える程だ。

Share Button
Read more

#410 『福盛進也/For 2 Akis』

閲覧回数 2,083 回

ピアノの美しさには、とどめを刺された。

Share Button
Read more

#1488 『Shinya Fukumori 福盛進也/For 2 Akis』

閲覧回数 4,904 回

福盛進也のドラムワークは、法王ポール・モチアンの系統を強く感じさせるものでもある、そこがこのアルバムに耳をそばだてる強い引力になっている、

Share Button
Read more