#1003 Kurt Elling(カート・エリング)

閲覧回数 2,736 回

少なくともこの瞬間に立ち会えた私自身の喜びがないまぜになった感動で、胸が異常なまでに高まるのをしばし抑えられないほどだった。

Share Button
Read more