#330 『川崎 燎 Ryo Kawasaki / Level 8』

閲覧回数 734 回

録音段階から、イメージされた音色とエッジの立て方を計算しての録音だと推察。

Share Button
Read more

# 154 川崎 燎 RYO KAWASAKI (Part 2)

閲覧回数 909 回

基本的に、僕はジャズを学ぶのは学校ではなくて全部独学でできるはずだと思っている。音楽学校は音楽理論や演奏技術に長けていれば良い音楽家になれるという錯覚を作り出してしまう恐れがある。なぜかと言うと僕の観点では真の音楽家とは独自の音楽手法を編み出せる技量がないと存在し得ないと思われるから...。

Share Button
Read more

#1385『川崎燎 Ryo Kawasaki/Level 8』

閲覧回数 5,203 回

このアルバムでは全13曲を通し、”レベル8“(どうやらユニット名でもある様だ)に於けるこれまでの成果(そこには当然50余年に亘るギター人生も反映されているが…)を、無理ない形でしかもきっぱりと開示する。

Share Button
Read more

特別寄稿 「良い音、忠実な音、心地よい音、太い音、細い音、歪と飽和の識別原理」

閲覧回数 1,642 回

アーチストが発信する音が先ず一番の基本となります、それらが例え歪んでいようと、飽和してようと、多少音程が外れていようと、もしアーチストがこれが自分の求めている音であり満足の行くものであればそれを修正する必要はない事になります

Share Button
Read more

#152 川崎 燎 Ryo Kawasaki (Part 1)

閲覧回数 1,948 回

今の僕のバンド LEVEL 8 のミュージシャン は全員 30 代。僕がエストニアに来た 17 年前には彼らはティーンエイジャーでまだまだミュー ジシャンとしては存在していなかったことになる。

Share Button
Read more