Interview #206 フランス・デ・ロンド(サウンド・エンジニア)
Frans de Rond (sound engineer)

閲覧回数 22,068 回

ミュージシャン、スタジオ、リスナーの絆が強まっていけばいいなあ。そうすれば、ジャズがすたれることもないだろう。

続きを読む

#939 OKABE FAMILY Young VIPs tour at BIMHUIS, AMSTERDAM

閲覧回数 34,172 回

ヨーロッパで英語がノン・ネイティブのための共通語であるのと同様、ジャズが彼らと私たちの共通言語ということだろう。ジャズは健在なり。

続きを読む

# 154 川崎 燎 RYO KAWASAKI (Part 2)

閲覧回数 59,942 回

基本的に、僕はジャズを学ぶのは学校ではなくて全部独学でできるはずだと思っている。音楽学校は音楽理論や演奏技術に長けていれば良い音楽家になれるという錯覚を作り出してしまう恐れがある。なぜかと言うと僕の観点では真の音楽家とは独自の音楽手法を編み出せる技量がないと存在し得ないと思われるから...。

続きを読む

#152 川崎 燎 Ryo Kawasaki (Part 1)

閲覧回数 67,182 回

今の僕のバンド LEVEL 8 のミュージシャン は全員 30 代。僕がエストニアに来た 17 年前には彼らはティーンエイジャーでまだまだミュー ジシャンとしては存在していなかったことになる。

続きを読む

# 132 Karin Krog|カーリン・クログ (ジャズ・シンガー)

閲覧回数 7,354 回

常に新しいことをやり続けるのは簡単ではありませんが、それが音楽を生かし続けることになるのだと思います。

続きを読む

#109 ジョン・サーマン John Surman (composer/ multi-instrumentalist)

閲覧回数 11,997 回

僕の音楽は絵にたとえるとクイック・スケッチのようなものだ。アウトラインははっきりしているけど、細かい部分までしっかり塗り込むタイプじゃない。

続きを読む