3/11 ドイツ文化大臣「フリーランスの芸術家への無制限の支援」を言明

閲覧回数 12,147 回

モニカ・グリュッタース独文化大臣は、3月11日「コロナウィルスの蔓延によって打撃を受けている文化事業者への大規模支援」を発表した。

Read more

早すぎだよ、ライル by 大久保哲郎

閲覧回数 1,877 回

ライルが死んでしまったという想いで、あらためて彼がかかわった曲を聴いている今、どうしても 喪失感で涙がこみあげて来そうになってしまう。

Read more

クリーム色の妖精 by 坪口昌恭

閲覧回数 1,827 回

流麗で叙情的なスタイルでありながらリズミックなアイデアやスキルが半端じゃない、という点はビル・エバンスに匹敵する凄さだけれど、ライルの方がテクノロジーを駆使し、ジャンルを超え、リスナーや後進ミュージシャンの感性を広げてくれた。あまりにも早くあの世に行ってしまったけれど、あちらの世界でクリーム色に輝き続けています。

Read more

ライルはいつも僕のそばにいる by 鈴木禎久

閲覧回数 1,771 回

パットとライルを追い続けて30数年、僕はずっとこの「心地良さ」に支配され続けてきた。ライルはいつも僕のそばにいた。その音楽に触れることは、僕自身の人生を再体験することでもある。

Read more

Lyle Mays 〜音楽世界における Einstein 〜が遺した財産 by 塩谷 哲

閲覧回数 1,777 回

Einsteinが普通の学者が考える遥か高次元において真理を探り当てたように、Lyleは音楽の真理を自然の法則として理解していたのではないか、彼の作る現代音楽の手法による不協和音に潜む圧倒的な「美」を感じる度に思います。

Read more

RIP ヨン・クリステンセン (1943~2020) by ECM

閲覧回数 1,263 回

偉大なチーム・プレイヤーに徹し、バンドリーダーとしての野心を持たなかったクリステンセンにもECMに1作だけ自身の名前を冠したアルバムがある。

Read more

RIP ヨン・クリステンセン by Carl Størmer

閲覧回数 1,206 回

ヨンはその演奏が必要としているものを瞬時に直感し、瞬時に対応できる極めて稀な魔法のような能力を持っていた。

Read more

ヨン・クリステンセンとヤン・エリック・コングスハウクの居る場所 by 太田 剣

閲覧回数 1,754 回

ヨン・クリステンセンが空の彼方へ旅立った。一つ年上のヤン・エリック・コングスハウクが旅立った 3ヶ月後に、というのはいくら神の思し召しとしてもいささか出来すぎていやしないか?と思う。

Read more

Interview #201 Jon Christensen ヨン・クリステンセン

閲覧回数 1,193 回

スケジュールを組んで練習に取り組んだことは一度もないよ。教則本やメソッド類に取り組んだこともない。

Read more

アーカイヴECM 「アイヒャーのクリスタル・サウンド」菅野沖彦

閲覧回数 3,217 回

現代に生きるマンフレート・アイヒャーという人間、ジャズ・プロデューサーの内面が表現された音という意味にそれを勝手に解釈しなければいられないほど、その音は個性的であった。

Read more

アーカイヴECM「目を離せないECM」野口久光

閲覧回数 3,731 回

彼アイヒャーのジャズに対する愛情、時代を先取りした鋭い洞察、クラシックや現代音楽に対する深い造詣がそのひとつひとつに裏付けされていることがわかる。

Read more

追悼 ヤンエリック・コングスハウク akiko grace

閲覧回数 2,794 回

叶うなら、光あふれるあのレインボースタジオでもう一度、いまのピアノの音を録ってほしかった。

Read more

オスロ Rainbow Studios 訪問記

閲覧回数 2,978 回

2007, 8年頃オスロのRainbow Studioを訪ねた。その時同行したカメラマンが撮影した写真を掲載する。

Read more

追悼 Jan Erik Kongshaug 福盛進也

閲覧回数 2,940 回

音楽に愛を持ち、ミュージシャンと一緒になり音を作っていく。僕たちは本当に偉大な人を失ってしまった。

Read more

齋藤徹ちゃんへ  今井和雄

閲覧回数 8,747 回

きみの演奏は多くの人に様々な力を伝えたようだ。そして、きみのベースアンサンブルのメンバーがきみのメロディーを力いっぱいに弾いていく姿を見ると、きみのスタイルが伝わっていることが分かる。そういう演奏をするベーシストはきみ以外はいなかったからね。しかし、最後は急ぎ過ぎたかな、お疲れ様でした、徹ちゃん。

Read more

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」
齋藤徹さん出演番組を追悼アンコール放送

閲覧回数 5,808 回

音楽の本質とは何かを常に問いかけてきた徹さんは、私にとっては試金石のような存在でした。

Read more

“This is only the beginning” by Anat Fort
”まだ始まったばかりだからね”” by アナト・フォート

閲覧回数 9,486 回

この世における彼の生は終わってしまったのだろうけど、“まだ始まったばかりだからね!”

Read more

#1046 シュリッペンバッハ・トリオ

閲覧回数 11,956 回

三人の演奏は、ヨーロッパ・フリージャズの草創期から今日に至る、その積み重ねられた年輪に裏打ちされた揺るぎない音世界を描いてくれた。

Read more

Goodbye to Tomasz Stanko – a great voice lost
惜別:トマシュ・スタンコ – 偉大なヴォイスの喪失

閲覧回数 11,530 回

今年の初め彼はNYから私に電話を寄越し、固く結ばれた二人は最後の会話を交わしたが、私はとても幸せだった。トマシュ、音楽をありがとう、心から感謝する。

Read more

精霊たちの祭り「白州」~セシル・テイラーTOKYO FMスペシャル・ライヴ

閲覧回数 16,806 回

セシルも富樫さんももうこの世にはいないけれど、地球の自然に捧げた祈りは、続いていかなければ。

Read more

追悼セシル・テイラー「アキサキラ」写真館

閲覧回数 14,143 回

1973年5月22日セシル・テイラー・ユニット@新宿厚生年金会館大ホール。アキサキラ(サワヒリ語で沸騰するの意)を捉えたトリオレコード営業部のアマチュア・カメラマン石井隆の遺作展。

Read more

#1520 『土田晴信/ライヴ・アット・ザ・アディロンダック・カフェ~SUNNY』

閲覧回数 14,688 回

ジミー・スミスから続くジャズ・オルガンの本流、源流を辿りながら研鑽を積み現在に至った土田の現時点での成果を堪能した。

Read more

RIP Roswell Rudd by Carla Bley

閲覧回数 12,694 回

ラズウェルのために書いた楽曲がピアノで作曲したように聞こえるという批評を受け、それからはホーンのためにはホーン奏者の身になって書くように心がけるようになりました。

Read more

RIP Roswell Rudd by Ethan Iverson

閲覧回数 12,619 回

ハイスクールの頃、僕は彼のライナーノーツを繰り返し熟読したものだ。ラッドがいなければ、僕のブログDTM*が存在したかどうか疑わしいもんだ。

Read more

RIP Muhal Richard Abrams by Jack DeJohnette

閲覧回数 15,148 回

1964年に彼とロスコー・ミッチェルがシカゴのAACMを設立する前夜、僕は彼のエクスペリメンタル・バンドで演奏していた。

Read more

Great Music Forever! ムーハルが遺してくれたもの

閲覧回数 16,479 回

ムーハル、素晴らしい音楽をありがとう。そしてオリジナルであること、自分自身が 原型であり、心で他の人と関わった時に生まれるハーモニーの大切さを、あなたは教え てくれた。

Read more

#1449『Todd Neufeld / Mu’U』

閲覧回数 19,909 回

ジャンルやスタイルに回収できないニューフェルドの音楽は、決して聴き易いものでもなければ、わかり易いものでもない。しかし、そこに定着された、潜勢や気配から発すべき音を掴み取り、無から有へ跳躍するその瞬間の生々しさには抗し難い重力、強度が宿っているのだ。

Read more

#1444 『Racha Fora / Happy Fire』

閲覧回数 19,094 回

そんな新しいリズムの探求に貪欲な若い世代のジャズ・リスナーにとっても、この本宿宏明(ヒロ・ホンシュク)が提示する“New Kind Of Jazz”は相当刺激的に響くはずだ。

Read more

#964 『ソエジマ・ナイトVol.4』

閲覧回数 20,618 回

今回のソエジマナイトの予想を超える盛況を考えるに、勅使河原ファンの若年層、フリージャズ・ファンの中高年、ストアハウスの常連ファンなど、年齢、性別、分野の壁を越えて集まった観客のせいだろう。

Read more

#962 Saxophone Summit サキソフォン・サミット〜故伊藤博昭さんを偲んで

閲覧回数 16,521 回

どうも伊藤さんが、小黒こっちこっちってここまで導いてくれていたような気がするだが...。

Read more

菊地雅章 77th Anniversary 1 山下洋輔

閲覧回数 22,769 回

彼は実に真面目なのである。音楽に限らず全てのことに対してひたすら真面目な人間なのだ。ぼくが毎晩新宿で飲んだくれたり、「都はるみを囲む会」にのこのこ出かけていってズタブロの伴奏をやって大恥をかいたり、といった馬鹿なことをしている間にも彼は一心に自分の音楽のことを考え続けているのである。

Read more

#157 新作『The Door』をリリースした牧野竜太郎

閲覧回数 19,274 回

僕はこの1枚を通して「これも、ジャズだぜ!!」といってしまうことで、そこに染みついたイメージを少しでも柔らかく、ライトなモノに変えて行けたらと思っているんです。

Read more

#1416 『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

閲覧回数 21,991 回

硬い事は考えずに、楽しくスイングするジャズを聴きたければ、これを選べばモンクはない。

Read more

#1415 『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

閲覧回数 21,974 回

これは伝統と化したオランダのコンテンポラリーかつコンサーヴァティヴなジャズの姿だと思い、存分に楽しめば良い。ミシャの名を知らぬ人達も一緒に。涙を流す必要など無いのである。

Read more

R.I.P. Arthur Blythe Jack DeJohnette

閲覧回数 17,508 回

デイヴィッド・マレイ(ts)、ピーター・ウォーレン(b) とともに私のバンド「スペシャル・エディション」に参加してくれるよう頼み込んだ。それは素晴らしい音楽の出会いとなり、「スペシャル・エディション」は永く語り継がれるバンドとなった。

Read more

Arthur Blythe : A Tone Master of the Alto Saxophone Oscar Deric Brown

閲覧回数 16,916 回

私はベニー・ゴルソンが耳元で、「いいかい、彼のトーン、彼のサウンドだ。よく聴いておくんだぞ」と囁いたのをはっきりと覚えている。アーサー・ブライスが“トーン・マスター”であることをベニー・ゴルソンが認めたのだ。

Read more

#1400『オデッド・ツール/トランスレーターズ・ノート』

閲覧回数 23,500 回

さて、これはジャズなのか? そうだ、まさにジャズなのだ。何故ならジャズとはハイブリッド音楽の意識であり、そして他のいかなるシーンもこういう音楽を産み出す事はなかっただろうから。

Read more

Hommage to Misha Mengelberg Roberto Masotti, Millano

閲覧回数 24,072 回

ミラノに住む著名な写真家ロベルト・マゾッテイが捉えたミシャ・メンゲルベルク。1978年を中心に最新は1998年のポートレイトまで。 *をクリックすると拡大表示されます。

Read more

ミシャ・メンゲルベルクの思い出 Onnyk

閲覧回数 21,407 回

他のメンバーとは別に用意された6畳ほどの楽屋に、ミシャとペーターが座っている。そしてハンは広くも無い室内をうろうろしている。ヘビースモーカーで知られるミシャは紫煙を吐いて椅子に沈みこんでいる。

Read more

Misha Mengelberg 追悼 ~コーヒーとパフェと味噌汁と

閲覧回数 21,267 回

するとミシャさんは、コーヒー、パフェ、そしてなんと味噌汁を同時に注文されたのだ。注文を取りに来ていたウェイトレスさんの一瞬「え!?」といった表情を未だに忘れていない。そして、それらを同時に頂いているミシャさんの姿を見て、サブさんと私は、「これこそフリーなんだよ!これぞDADAなんだよ!」とかワケの分からぬことを話していたのでした。

Read more

ミシャと囲碁

閲覧回数 18,187 回

ミシャの腕前は二段くらいだったと思う。こちらは初段くらいだったのでちょうどよかった。やってみたらミシャの方が少し上で、力はあまり感じないけれど、形がよくて品がある。

Read more

追悼:生悦住さんと私 Onnyk (きんのよしあき)  

閲覧回数 20,964 回

また、特筆すべきは、私淑していたアメリカの音響彫刻家ハリー・ベルトイアのCDを出していただいた事です。ベルトイアのレコードは70年代、知られざる名作でしたが、全11枚のアメリカ盤の質の悪さは本当に情けない物でした。録音だけは生前の本人がしており、質は良かったので、なんとかこれをCD化したいものだと思い、生悦住さんに相談を持ちかけたのです。

Read more

#850 カニサレス&新日本フィル カニサレス・フラメンコ・カルテット

閲覧回数 3 回

パコが閃きと直観に導かれた天才だとするならば、カニサレスは構築とプロデュースに長けた超一流の職人である。カニサレ

Read more

#958 DVD『イェーナインリン&高橋ゆり/ピョンチョウに捧ぐ』

閲覧回数 5,625 回

このDVDはミャンマー国内を対象としており、ここ数十年のポップスの大人気はそれはそれでかまわないが、古典音楽にももっと気軽に親しんでほしいという願いをこめてあります。

Read more

「リトアニアのジャズについて」
ヨナス・リムサ

閲覧回数 8,067 回

1990年にリトアニアが再び独立を勝ち取ると、ジャズやその他のジャンルの演奏家にとって演奏したり、学んだり、さまざまなプロジェクトを創造する可能性がさらに広がっていった。

Read more

Interview #79「マンフレート・アイヒャー」Part 1

閲覧回数 3,449 回

あなた自身の責任で「沈黙」を創り出すんだ。待っていても「沈黙」はやってこない。望んだだけでは「沈黙」は訪れてはこないんだ。

Read more

Interview #77 「マンフレート・アイヒャー」 Part 2

閲覧回数 3,509 回

たとえば、キース・ジャレットが好きなファンは誰も菊地の歌に滅入ることはないさ。

Read more

「トマシュ・スタンコ・クァルテット」アジア・オーストラリア・ツアー・レポート

閲覧回数 9,503 回

会場は大勢のゲストで埋め尽され、ポーランドからのジャズ大使をひと目見ようと階段は立見客やら座り込む客で鈴なりとなった。

Read more

クリスタル・サウンドを求めて〜from NEW YORK to OSLO

閲覧回数 1,698 回

ヤン・エリックの手で収められたサウンドはレインボーならではの空間を生かした透明感のある音、つまり、我々が目指したクリスタル・サウンドだ。

Read more