菅原光博ジャズを撮る!「マイルス・デイヴィス Part3 ~1981&1989」

閲覧回数 7,841 回

マイルスのあの独特で繊細な音色の”マイルストーン”、いつも時代の先に向かう”マイルス・アヘッド”、そして”マイルス・スマイル”の三部作。

続きを読む

菅原光博ジャズを撮る #9「Miles Davis Part 2」
「Miles comes back in NY, 7.7.1981」.

閲覧回数 11,272 回

1981年の6月、New Yorkの街はマイルス・デイヴィスの空白の5年間を経た ” Kool Jazz Festival ” への出演の話題で沸いていた !

続きを読む

菅原光博 ジャズを撮る! #8「マイルス・デイヴィス 1973~75」

閲覧回数 13,482 回

1973年6月に続く1975年1月の来日公演と1975年6月のNYニューポート・ジャズ・フェスティバルでの計3回のライブを観た!

続きを読む

”稀代の興行師”鯉沼利成の世界 #7「Live Under the Sky ’79」

閲覧回数 18,225 回

第3回は渡辺貞夫を特別ゲストに迎えブラジルからエリス・レジーナやエルメート・パスコアールが参加、さらに広がりのあるイベントになった。

続きを読む

”稀代の興行師” 鯉沼利成さんの軌跡 #6「Live Under The Sky 1977 VSOP]

閲覧回数 19,288 回

1976年7月、アメリカ建国200年の”ニューポート・ジャズ・フェスティバル ・イン・NY  ’76” のスペシャル・ライブとして組まれていたこのVSOPバンドは、当初は何と! マイルス・デイビス(tp)が出演するプログラムであった。

続きを読む

”稀代の興行師” 鯉沼利成さんの思い出 #5『ドン・チェリー・ファミリー 1974』

閲覧回数 18,580 回

まるでチベット仏教の寺院の中の様なカラフルな幕(モキ・チェリー夫人のキルト作品)が背景に下げられていて、その前で子供や奥さんも参加してのファミリーバンドだったのだ!

続きを読む

”稀代の興行師” 鯉沼利成さんの思い出 #4『CTIオールスターズ 1973』

閲覧回数 28,702 回

そして生のサウンドを聴く事はジャズの本来の聴き方でもあるが、ジャズカメラマンはとても贅沢な特権と貴重な体験ができる!だからこれはやめられ無い仕事になった!(笑)

続きを読む

”稀代の興行師” 鯉沼利成さんの思い出 #3「アート・サンサンブル・オブ・シカゴ」

閲覧回数 20,459 回

大胆にも日本公演を実現してくれたあいミュージック鯉沼さんのお陰でアート・アンサンブル・オブ・シカゴを京都で撮影できた。

続きを読む

RIP Chick Corea by photographer 菅原光博

閲覧回数 28,754 回

この頃、明るい太陽とカモメがチックのシンボル的存在だったのだ。

続きを読む

”稀代の興行師” 鯉沼利成さんの思い出 #2 「セシル・テイラー」

閲覧回数 17,669 回

NYのジャズ・シーンをオンタイムで日本に招聘したあいミュージックの鯉沼利成氏の存在とジャズに賭けるその熱い情熱を知った一瞬だった !

続きを読む

”稀代の興行師” 鯉沼利成さんの思い出 #1「マル・ウォルドロン」

閲覧回数 20,097 回

こっそり持ち込んだニコンで撮ったディジー・ガレスピーの写真が、写真雑誌「日本カメラ」の月例読者写真コンテストに応募して銅賞に入選した!

続きを読む

Cover #01 キース・ジャレット再起不能か?

閲覧回数 22,036 回

2度の脳卒中の後遺症としての左半身の麻痺。ピアニストとしての再起は危ぶまれているが、作曲家など音楽家としての再起の可能性はないのだろうか。

続きを読む