#14 『Alexander von Schlippenbach – Globe Unity Orchestra / Globe Unity – 50 Years』

閲覧回数 14,900 回

2016年11月、ベルリン・ジャズ祭でのグローブ・ユニティ・オーケストラ50周年記念コンサートのライヴ盤。

続きを読む

#13 『Ask For Chaos / Gilad Hekselman』

閲覧回数 13,548 回

ジム・ホールから始まる、コンテンポラリー・ジャズ・ギタリストの系譜。その正統な後継者に君臨し、ジャズ・アメリカーナを体現するジュリアン・ラージ。イスラエル出身のギラッド・ヘクセルマンは、その牙城に肉迫するニュー・アルバム『Ask For Chaos』を、発表した。ニューヨークのSmallsでのリリース・ライヴは、ギラッドのポテンシャルを100パーセント発揮するものだった。コンテンポラリー・ジャズ・ギターを牽引するこの2人の今後に目が離せない。

続きを読む

#10 『Barre Phillips / End to End』

閲覧回数 14,033 回

バール・フィリップスが、「サイクルの最後」に位置付けるものとして、最後のソロベース・アルバムを吹き込んだ。バール・フィリップスという人の気配が、消しようもなく、本盤全体に充満している。

続きを読む

#07 『ダフニス・プリート』

閲覧回数 12,555 回

その目配りの細かさ・確かさ、またラテン・ジャズ特有の悦楽性と躍動感、先進性などが見事にマッチングしている点など、今年のベスト

続きを読む

#06 『Subtle Degrees / A Dance That Empties』

閲覧回数 11,568 回

NYを拠点に活動するサックス奏者トラヴィス・ラプランテと、現代ジャズ界で八面六臂の活躍を見せるジェラルド・クリーヴァーの麻薬的デュオ。

続きを読む

#05 『シャイ・マエストロ/ザ・ドリーム・シーフ』

閲覧回数 13,928 回

今、最も注目すべきイスラエル出身31歳のピアニスト、シャイ・マエストロの待望のECMデビューリーダーアルバム。クリス・ポッター&シャイ・マエストロのデュオライブ動画も紹介する。

続きを読む

#04 『Eric Dolphy / Musical Prophet (The Expanded 1963 New York Studio Sessions)』

閲覧回数 16,199 回

エリック・ドルフィーのファンにとって2018年は、現在進行形のどんなジャズよりも、この歴史的音源リリースによって記憶される年となるだろう

続きを読む

#03 『Alexander von Schlippenbach & Aki Takase / Live at Café Amores』

閲覧回数 15,156 回

アレックス80歳、高瀬70歳、『Iron Wedding』を誇るふたりにとっては記念すべきリリースとなった。

続きを読む

#02 『R+R=Now / Collagically Speaking』

閲覧回数 25,123 回

やはり筆者にとってグラスパーはマイルスだ。「Robert Glasper Experiment」の頃からマイルスを感じて興味を持っていたが、『Everthing’s Beautiful』で彼がいかに本髄からマイルスを継承しているか確信した。そしてこのアルバムは筆者にとって心の底に食い入るようなインパクトを与えた。

続きを読む

#01 『Fuji Yuki – Michel Henritzi – Harutaka Mochizuki / Shiroi Kao(白い顔)』

閲覧回数 16,196 回

装丁も含め和テイストが溢れる作風は、現代版ジャポニズムであり、現代日本地下音楽のエキスをヨーロッパ視点で捉えたものである。

続きを読む

Jazz Right Now 2018年ベストアルバム

閲覧回数 39,267 回

アメリカJazz Right Nowが選んだ2018年ベストアルバム。

続きを読む