#11 『Flin van Hemmen / Casting Spells And The Coves』

閲覧回数 4,374 回

前作には参加していたタイション・ソーリー、ハスミレマ、も、含めて、この三人はニューヨークで21世紀のジャズ史の扉を開いた菊地雅章の音楽的後継者、チルドレンである

続きを読む

#10 『Peter Lemer Quintet – Son of Local Colour: Live at the Pizza Express, Soho』

閲覧回数 4,667 回

サーマンとスキッドモアが、熱いバトルを繰り広げるトレーンの〈インプレッションズ〉一曲だけでも、買う価値大!

続きを読む

#07 『アンジェリク・キジョ/セリア』

閲覧回数 4,614 回

いずれにしろこのアフリカン・クイーン、アンジェリク・キジョの力量が、十二分に発現された注目の作品だと思います。               

続きを読む

#05 『カミラ・メサ&ザ・ネクター・オーケストラ/アンバー』

閲覧回数 5,833 回

チリ出身のカミラ・メサが、弦楽四重奏を加えた8人編成の新ユニット「ザ・ネクター・ジャズ・オーケストラ」を結成、『アンバー』を発表し、2019年9月にはブルーノート東京公演を行った。

続きを読む

#03 『Lookout Farm / Live At Onkel Pö’s Carnegie Hall, Hamburg 1975』

閲覧回数 4,694 回

このグループの凄さをあらためて魅せ付けさせられた1枚であった。

続きを読む

#02『Miles Davis/Rubberband』

閲覧回数 7,430 回

ただの未発表アルバム発掘リリースではなく、お蔵入りプロジェクトをマイルスの遺志を継いで完成させたこのアルバム作品、筆者はもっともっとメディアで騒がれるべきだと強く感じた。最初にEPとして5つも違うバージョンを作って公開したことも音楽的にはかなり成功していると信じる。

続きを読む

#01 『Marshall Allen, Danny Ray Thompson, Jamie Saft, Trevor Dunn, Balazs Pandi, Roswell Rudd / Ceremonial Healing』

閲覧回数 6,014 回

マーシャル・アレン師を中心に6人の猛者がデタラメを極めた本作は、混迷する世界の癒しの儀式のサウンドトラックなのである。

続きを読む