#01 『sara (.es) / Esquisse – Piano Improvisation』

閲覧回数 1,726 回

『Esquisse』=スケッチ(素描)というタイトルのソロ・アルバムから始まったsaraとギャラリーノマルの未来が、この先どのようなアート作品へと進化していくのか楽しみにしていたい。

続きを読む

#03 『soraya/BAKU – 耳を澄ませて』〜壷阪健登&石川紅奈

閲覧回数 1,822 回

壷阪健登と石川紅奈が2022年に結成した「soraya」は、ゲストミュージシャンを交えて緻密で楽しいサウンドとリズムを探求する旅に歩み出したばかり。<BAKU>でも石川と壷阪、KANが鮮やかな夢の世界を描き出し、J-Popサイドからも注目されている。また『Remboato/星を漕ぐもの』 (nagalu)にも触れる。

続きを読む

#04 『想いの届く日』『Ⅱ』『ファイブ・ダンス』

閲覧回数 1,189 回

ジャンルレスだが素敵な1枚と、前途洋々な若手女流ジャズ奏者、乾坤一擲の痛快デビュー・アルバム、さらにベテランと中堅が結集した新ユニットの充実の1作。

続きを読む

#05 『齋藤徹+長沢哲 / Hier, c’était l’anniversaire de Tetsu.』

閲覧回数 1,433 回

驚かされるのは、録音媒体を繰り返し聴くと、その都度異なる印象が「やってくる」ことだ。長沢哲の研ぎ澄まされた打音、齋藤徹の広く豊穣な弦の震え。音の力ということだろう。

続きを読む